富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報

富士電機機器制御株式会社

ホーム > 富士電機機器制御トップ > 製品情報 > エネルギー管理機器:電力監視システム > 集合形配電監視ユニット F-MPC04シリーズ

集合形配電監視ユニット F-MPC04シリーズ

製品情報

配電・電路情報管理・電気エネルギー監視に必要な機能を1台に凝縮

1台で2系統の配電系を計測できます。通信インタフェースを標準装備しているので設備・装置毎の管理も経済的に実現できます。また、分割形CTにより既設盤への後取付が容易にできます。

集合形配電監視ユニット F-MPC04シリーズ

各種資料ダウンロード

ログイン会員限定の技術資料やFAQのダウンロードには、Feメンバーシップ会員ログインが必要です。(登録無料)
ログインFeLibraryに遷移しての資料閲覧となります。

  • 総合カタログ
  • 機種別カタログ
  • Felibraryデータ
  • FelibraryCadデータ
  • FelibraryFAQデータ
  • 特長
  • 定格・仕様
  • 外形寸法
  • 価格
  • 形式説明

1台で複数配電系に対応

1台で2系統の配電系を計測できます。各系統毎のフィーダ数は任意に設定可能です。(最大10回路の配電系に対応 例:系統1 =7フィーダ、系統2=3 フィーダ)通信インタフェースを標準装備。個々の設備・装置毎の管理も経済的に実現できます。

既設盤への後取付が容易

分割形CTを用意、既設盤に簡単に取付けができます。

きめ細やかなエネルギー管理を実現

計測、予防保全、保守、電気品質等の電路情報を測定管理することができ、さらに電路情報の上位への伝送も行えますので、省エネ・省力化に貢献します。

高調波電流の測定も可能

第3次、第5次、第7次、総合の高調波電流を測定することができます。

漏洩電流の計測による絶縁劣化監視と予防保全

トレンドデータによる劣化傾向診断や漏電プレアラーム/漏電リレーの2段階出力による予防保全ができます。

Modbus RTUプロトコルに対応

F-MPCシリーズ対応のF-MPC-NetプロトコルとModbus RTUプロトコルを選択できます。

一般仕様

項目 仕様
定格 周波数 50または60Hz(整定で選択)
電圧 AC110/220V共用、VT使用時はAC110V(VT2次)
電流 CT-BOX仕様による(5A,1A:CT2次,定格消費VA:0.1VA以下、外部配線抵抗含まず)
零相変流器 EW形またはZCT付MCCB出力(富士電機機器制御(株)製)
制御電源 AC85〜AC264V(専用制御電源端子による)またはDC100-220V
突入電流 40A以下、3ms以下(AC)
85A以下、3ms以下(DC)
消費電力(注) Max.25VA(配電監視ユニット+CTボックス(2台)+ターミナルリレー(Ry全点ON))
定格入力 電圧入力
(VT比)
直接入力:AC100/110V,AC200/220V
VT1次/2次:AC220/110V,AC440/110V,AC440/220V,AC240/110V,AC400/110V,AC3.3k/110V,AC6.6k/110V
電流入力
(CT比)
1次定格設定:
10A・15A・20A・25A・30A・40A・50A・60A・75A・80A・100A・120A・150A・160A・200A・250A・300A・320A・400A・500A・600A・630A・750A・800A・1000A・1200A・1250A・1500A・1600A・2000A・2500A・3000A・3150A・3200A・4000A・5000A・6000A・7500A
周囲温度 −10〜55℃(結露または氷結なきこと)
保存温度 −20〜70℃(結露または氷結なきこと)
相対湿度 20〜90%RH(結露なきこと)
使用雰囲気 腐食性ガス、過度の塵埃がないこと
警報・遮断出力 許容連続通電電流 1A ターミナルリレー RS16DE-04H出力
最大開閉容量 AC250V 5A、DC30V 5A
絶縁抵抗 電気回路一括対地間 10MΩ以上
電気回路相互間、接点回路端子間 5MΩ以上
商用周波耐電圧 電気回路一括対地間(通信信号線,kWhパルス出力、デジタル入力は除く)AC2,000V 1分間
雷インパルス耐電圧 電気回路一括対地間(通信信号線,kWhパルス出力、デジタル入力は除く)4.5kV(1.2×50μs)
瞬時過負荷耐量 電流回路:定格電流×20倍 0.5s×9回 2s×1回
耐衝撃 JIS C 60068-2-27 正弦半波300m/s2 11ms X, Y, Z各方向に3回
耐ノイズ 1〜1.5MHz、ピーク電圧2.5〜3kVの減衰振動波形(2s)
1ns×1μs、1.5kVの方形波ノイズ 10分間継続印加
耐振動性能 JIS C 60068-2-6 10-58Hz:片振幅0.075mm 58-150Hz:定加速度10m/s2
X, Y, Z各方向8分×10サイクル
耐静電気ノイズ 取付け鉄板面(金属部接触)±8kV、パネル面(非金属非接触)±15kV
許容瞬停時間 20ms(動作継続)ただし、表示は除く
質量 本体 1,000g
CTボックス 300g (1台)
ターミナルリレー 200g
(注) 上記値は集合形配電監視ユニットに、CT-BOX・ターミナルリレーを組み合わせた状態のものです。

計測・表示仕様

計測種別 有効測定範囲 本体表示 通信データ 精度(%)
(注1)
備考
負荷電流 CT2次定格の0,0.5〜150% 4桁 ±2.5% FS 約0.5%以下は「0.00」表示
電圧 VT2次でAC20〜264V(注3)
 三相3線:Max.264V
 三相4線(相電圧):Max.264V
 三相4線(線間電圧):√3×264V
±2.5% FS 専用別電源端子があります。
制御電源端子とは別に計測用電圧入力端子があります。
漏洩電流 0,50〜3,000mA ±20% FS 50mA以下は「0」表示
有効電力 変成器2次換算 0〜±3.5kw(注4)(注5) 符号付き4桁 ±2.5% FS 定格電流の0.4%以上で計測
無効電力 変成器2次換算 0〜±3.5kvar(注4)(注5) ±2.5% FS  
力率 進み 0%〜100%〜遅れ 0%(注4) 符号付き3桁
□.□□
符号付き4桁
□.□□□
±5%(90°位相角換算)
有効電力量 +有効電力量 0〜99,999 5桁 (注6) JIS普通級相当±2.0%(CT1次定格電流の5〜120%の範囲で力率1)
±2.5%(CT1次定格電流の10〜120%の範囲で力率0.5)
−有効電力量 0〜99,999
(逆潮流:売電)
無効電力量 +無効電力量 0〜9,999
(注4の+無効電力の積算値)
なし (注6) ±5.0%
注)本体表示はなし
−無効電力量 0〜9,999
(注4の−無効電力の積算値)
電圧最小値 各相のVT2次で AC85〜264V 4桁 ±2.5% FS
電圧最大値 最大相のVT2次で AC85〜264V ±2.5% FS
高調波電流 3,5次:CT2次定格の0,0.5〜150%
7次:CT2次定格の0,0.5〜150%
総合:3,5,7次の合算
±2.5% FS
(7次は±5.0% FS)
三相3線では、R相とT相の高調波電流を計測します。
三相4線では、R,S,Tの三相の高調波電流を計測します。
(注1) 計測精度は、CTボックスおよびZCTの誤差を含みます。組合せVT,CTの誤差は含みません。
(注2) 電流、電圧、電力の性能特性はJIS C 1102(指示電気計器)に準拠しています。なお、計測表示値は約1sの平均値指示となっています。
(注3) 表中数値は、三相3線の線間電圧、三相4線の相電圧を表します。三相4線適用時電圧表示は、本表設定により相電圧表示/線間電圧表示の何れかを選択します。
(注4) 電力計測における売/買電の表示および力率計測におけるLEAD/LAGの表示を一つの符号を±で行っています(+時はブランク)。±の意味は計測項目毎に次の様になります。

図

①有効電力 kW
+:買電(消費電力)
−:売電(逆潮流電力)
②無効電力 kvar
+:無効電力計法による遅れ電流
−:無効電力計法による進み電流
※LEAD/LAGは売電/買電で反転する。
③力率 cosφ
+:遅れ力率
−:進み力率
(注5) 有効電力・無効電力の最大範囲は、三相3線二次電流5Aにて±3.5kw、三相3線二次電流1Aにて±0.69kw、三相4線二次電流5Aにて±6.0kw、三相4線二次電流1Aにて±1.2kwです。
(注6) F-MPC-Netプロトコルでは、本体表示の下4桁を伝送します。Modbus RTUプロトコルでは、0〜999999.999kWhを伝送し、積算値のカウントアップのステップ値がVT比とCT比で変わります。

デマンド計測

項目 仕様
電流A(r,s,t)、有効電力、
零相電流(実効値Io,基本波Iob)、
高調波電流、電圧
時限:0分/1〜15分(1分刻み)/30分より整定選択(全回路共通)
表示項目:1)デマンド値 2)最大デマンド値(リセット操作までの、過去の最大値)
計測・表示範囲:上記、計測・表示仕様による

漏電リレー特性仕様

感度電流 動作時間
整定値 動作値 整定時間 慣性不動作時間 動作時間
200/500/1,000/2,000/3,000mA
またはLock
(実効値Ioまたは基本波Iobを選択)
整定値の
50〜100%
(50%未満不動作、
100%では動作)
0.1s - 100ms以下
0.3s 150ms以上 0.3s以下
0.5s 250ms以上 0.5s以下
1.0s 500ms以上 1.0s以下
3.0s 1,500ms以上 3.0s以下
(注1) 感度電流と動作時間は、任意の組合せで設定できます。
(注2) 表中数値は、トリップリレーの動作仕様です。プレアラームリレーは、表中動作値の1/2で動作、動作時間は10秒固定です。プレアラームリレーは、ケーブル絶縁劣化・浸水などによる漏洩電流増加の警報として使用できます。
●事故値表示
負荷電流プレアラーム値、漏電リレーのプレアラーム電流値(自動復帰)、漏電リレー動作時の動作電流値表示(リセット操作で表示復帰)
●kWhパルス出力仕様
  • トランジスタオープンコレクタ出力Max.DC35V、50mA(ON時残留電圧2.5V以下)
  • パルス幅:200±20ms、出力周期:1,000ms以上
  • 出力パルス単位:10nkWh/パルスnは−2〜3(CT、VT比により選定)
●漏電リレー組合せZCT
  • ZCT付配線用遮断器、零相変流器と組合せて使用

通信仕様

項目 仕様
F-MPC-Net Modbus RTU
規格 EIA-485
伝送方式 半二重 2線式
データ交換方式 1:N(本機) ポーリング/セレクティング
伝送距離 1,000m(総長)
接続台数 最大31台 + マスタ機器
伝送速度 4,800/9,600/19,200bps(選択)
アドレス(局番)設定 Lock,1〜99 *1
RS-485端子名称 DXA,DXB DXAをD1(+),DXBをD0(-)と読み替えて接続してください。
伝送キャラクタ ASCIIコード バイナリ
機種コード “12” レジスタNo.33841:0012h
レジスタNo.33842:0002h
データ形式 スタートビット 1bit(固定) 1bit(固定)
データ長 7bit/8bit(選択) 8bit(固定)
パリティビット 無し/偶数/奇数 (選択) 無し/偶数/奇数 (選択)
ストップビット 1bit(固定) パリティ無し:2bit(固定)
その他:1bit(固定)
BCC 偶数水平パリティ CRC-16
*1 通信機能を使用する際は、本器アドレスを1〜99の範囲でご使用ください。
通信を行わない場合は、本器アドレスをLockの状態でご使用下さい。
(注) 工場出荷時は、「F-MPC-Netプロトコル、通信機能無効(通信アドレスLock)、通信速度:19,200bps、データ長:7bit、パリティ:奇数」の設定で出荷しています。

集合型配電盤監視ユニット

集合型配電盤監視ユニット

CT-BOX

CT-BOX

品名 仕様 形式=商品コード 希望小売価格〔円〕
集合形配電監視ユニット(本体) RS-485、2VT対応 UM4-ARA4 456,000
CT-BOX(CTボックス) CT二次電流5A用 UM04X-5 40,700
CT二次電流1A用 UM04X-1 40,700

ご注文指定事項(形式)

製品について技術へ問い合わせる

価格や納期を営業へ問い合わせる

ピックアップ

ファトリーオートメーションから探す

富士電機のFA製品を集めました!

関連情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© Fuji Electric FA Components& Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.