富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

USBカード(RRACWG13)

UPSとパソコンをUSBケーブルを接続するだけで、UPSの監視やOSのシャットダウンが可能

問い合わせフォーム
  • 特長
  • 仕様
  • ダウンロード

特長

UPSの管理はUSBケーブルを接続するだけ

USBカードをUPSに実装し、付属ケーブルでパソコンに接続するとUPSのファイルが見えるようになります。従来、UPSの管理には管理ソフトのインストールが必要でした。このカードを使用すると、USBメモリと同じような感覚でUPSのファイルを見ることができます。

OSのシャットダウンもケーブルを接続するだけ

停電の際、UPSのバッテリは10分程度で空になります。そのため、サーバやパソコンにUPSを使用する場合は、バッテリが空になる前に、OSをシャットダウンするよう、予め設定しておく必要があります。
USBカードを使用すると、Windowsの電源管理画面でOSシャットダウンの設定が可能です。

UPSとパソコンの起動・停止はリモートスイッチで

パソコンやUPSの起動・停止を行う場合、起動は「UPS→パソコン電源」、停止は「OSシャットダウン→パソコン電源→UPS」のように操作順序を守る必要があります。別売のリモートスイッチ[RRAS004]を接続すると、USBカードが順序をコントロールするため、操作が簡単です。

仕様

型式  RRACWG13
Web機能 データログ : 入出力電圧・周波数、バッテリ電圧、負荷率など最大10,240件
イベントログ : 停電、UPS故障など最大2,048件
運転情報履歴 : バックアップ運転、UPS 出力停止など最大2,048件
故障情報履歴 : UPS故障の詳細情報など最大2,048件
ロギング機能 電源状態、UPS運転状態、ネットワーク状態のモニタ
UPS制御
停電時のOSシャットダウン
Windows標準の電源管理を使用(USB コネクタ)
  • 対応OS : Windows2000, XP, Server2003, 2008, Vista
UNIX系OSのシリアルコンソールを使用(RS232C コネクタ)
  • 対応OS : UNIX系OS全般。(AIX, HP-UX, Solaris, Linux, FreeBSD、他)
外部装置との連携 オプションのスイッチボックス[RRAS004]によるUPSとコンピュータの起動・停止
インタフェース USBコネクタ RS232C コネクタ : Dsub 9pin オス 接点入力
対象 UPS

ダウンロード

紹介資料

資料No. ファイル名 種類(サイズ)
- GXシリーズ用USBカード [RRACWG13][PDF] PDF(400KB)

ユーザーズマニュアル

資料No. ファイル名 種類(サイズ)
INR-HG5502 GX用USBカード ユーザーズガイド[別ウィンドウ] PDF(4,779KB)
INR-HG5500 GX用USBカード インストールガイド[別ウィンドウ] PDF(2,788KB)

モジュール

Windowsの電源オプションにて、OSシャットダウンの前にユーザープログラムを実行させるなど、「休止状態」以外のメニューを選ぶ場合に使用します。詳細はユーザーズガイドを参照ください。

お問い合わせ・サポート

お電話でのお問い合わせ

  • お問い合わせ先を見る

Webからのお問い合わせ

  • お問い合わせフォーム

電源ソリューション

型番検索

型番・シリーズ名から富士電機電源ソリューション製品を探せます。