富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > リニューアルをご検討のお客様へ > 可変速ドライブ装置 予防保全

可変速ドライブ装置の変遷

お使いの設備はどの世代のものですか?

 

予防保全のおすすめ

 

 

設備の保全には事後保全と予防保全があります。
事後保全は故障発生後に修理を行うもので、予防保全は故障発生前に計画的な点検や部品交換を行い、故障発生を未然に防ぐ保全です。
設備の安定稼働には予防保全が必要です。

 

予防保全のメリット

設備の安定稼働
  • 故障率の低下
  • 信頼性の維持
  • 性能や機能の維持
  • 安全性の維持
  • 装置の延命化

予防保全の実施

1. 長期保全計画の作成
点検の計画、部品交換計画、更新時期の計画

2. 点検の実施
巡視点検、定期点検、精密点検の実施

3. 部品交換の実施
有寿命部品の交換、摩耗消耗部品の交換

4. 診断の実施
設置環境、物理的劣化、社会的寿命、予備品管理、保全履歴

 

ページの先頭へ戻る


Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.