富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

船舶用電気集塵機(ESP)

排ガス中のブラックカーボン(PM)を高効率に除去

粒子状物質(PM)を静電気力で除去

低圧損でエンジンへの影響は最小限

直径1μm以下の超微粒子(PM)まで除去

富士電機は30年にわたって道路トンネル換気設備用の電気集塵機(ESP)を納入してきました。富士電機製の電気集塵機は国内外の約50カ所の施設で稼働しています。これまで培ってきた放電制御技術をベースに、さらなる小型化や高温条件下での長期安定性、電極の自動再生といった技術の実現を目指しています(現在、開発中)。

チラシダウンロード(英語)

電気集塵機(ESP)の動作原理

電気集塵機(ESP)の動作原理

富士電機の電気集塵機(ESP)はダスト粒子の表面にマイナスの電荷をチャージし、静電気力によって粒子状物質(PM)を電極表面に捕集。電極に凝集したPMは空気で除去します。

自動保守機構

ホール型ESPのシステム構成。集塵極の幅と列数は排ガスの流量に応じて調整

自動保守機構

ホール型ESP内部に蓄積された粒子状物質(PM)は電極の効率を低下させるため、時間経過に伴い集塵性能が低下します。富士電機の電気集塵機(ESP)は、集塵スペースに捕集したPMを自動的に吸引し、要求された集塵性能を回復する自動保守機構を備えています。

スペースと資源のクリエイティブな活用。それは船舶設計の与件であり、富士電機のSOxスクラバーとレーザ式ガス分析計をつらぬく設計思想です。富士電機がSaveBlueの名で提供する排ガス洗浄システム(EGCS)は、C重油を継続使用しながら、オープンループとクローズドループどちらのモードでも稼働するソリューションです。コンパクトなサイズで配置検討が容易、新造船はもちろん既存船/就航船の改修(レトロフィット)にも適用できます。

お問い合わせ

パワエレシステム事業本部
ファクトリーオートメーション事業部
FA営業技術部

電話番号: 03-5435-7066
(受付時間: 平日9:00-17:00)

ページの先頭へ戻る