富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点
SOxスクラバを選ぶ理由

SOxスクラバを選ぶ理由。

MARPOL条約附属書VIに適合するにはいくつかの方法があります。燃料を低硫黄のMGO(船舶用ガスオイル)に切り替える、SOxスクラバを設置する、さらには燃料をLNG(液化天然ガス)に切り替えるというオプションです。

燃料価格の変動と予測の困難さはオペレーター様にとって悩みの種。そのため、長期的な視点で最も実現可能かつ持続可能な選択肢を絞り込むと、SOxスクラバの設置とLNGへの燃料切り替えという2つの候補が浮かび上がります。SOxスクラバを設置すれば、安価で入手もしやすいC重油を引き続き使用可能。LNG燃料船の建造・修繕はより大きく抜本的な変更を伴います。

コストと環境負荷の低減という観点から、LNGは次世代のエネルギーと見なされてきました。しかしSOxスクラバとLNG燃料船を比較するどのような調査研究も、下記の主要な論点を避けて通ることはできないでしょう。

資本的支

資本的支出

LNG燃料そのものは安価かもしれませんが、新造船でも修繕作業(レトロフィット)でも、LNG推進システムを設置するには多大な金銭的・時間的コストがかかります。

これに対してSOxスクラバは、より少額の初期投資と短い工期で設置することができます。

複雑さ

複雑さ

LNG推進システムは複雑で、設置後も運用や保守、燃料移送などの安全性を確保するための手間がかかります。

一方のSOxスクラバは、保守にかかわる配慮や負担が比較的軽くて済みます。

可用性

可用性

LNGの供給インフラはまだ十分に整っておらず、可用性に疑問が残ります。燃料としての魅力的な潜在性にかかわらず、将来その点が大きな課題となるでしょう。

SOxスクラバを設置すれば、豊富で安価なC重油を継続して使用しながら、国際海事機関(IMO)や各国/地域の規制に適合することができます。

積載能力とのトレードオフ

積載能力とのトレードオフ

LNGの燃料タンクは大きなスペースを占有するため、船の積載スペースが失われます。2011年にドイツロイド船級協会(GL、現DNV GL)とマンディーゼルアンドターボが実施した共同研究*では、LNG燃料タンクはコンテナ船1隻のTEUスロットの3%を占める一方、SOxスクラバ単体の設置スペースは最大で同0.3%として、複数のオプションのコストとベネフィットを試算しています。

SOxスクラバは、コンパクトになればなるほど、より大きな利益を可能にするソリューションなのです。

* Costs and benefits of LNG as ship fuel for container vessels - Key results from a GL and MAN joint study

スペースと資源のクリエイティブな活用。それは、いつの時代も船舶設計の与件であり、富士電機のSOxスクラバとレーザ式ガス分析計をつらぬく設計思想です。

国際海事機関(IMO)が2020年に世界中で予定している硫黄酸化物(SOx)の排出規制、さらにEUや中国、オーストラリアなど各国/地域で、追加的な排ガス規制強化が実施または予定されています。海事業界はこうした規制への適合と環境負荷低減に向けて、実現可能なあらゆる手立てを検討する必要に迫られています。

富士電機がSaveBlueの名で提供する排ガス洗浄システム(EGCS)は、C重油を継続使用しながら、オープンループとクローズドループどちらのモードでも稼働するソリューションです。コンパクトなサイズで配置検討が容易、新造船はもちろん既存船改修(レトロフィット)にも適用できます。

ページの先頭へ戻る