富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

苫東ファーム 様

植物工場・複合環境制御の導入により、通年でイチゴを安定生産、省エネを実現しています。

植物工場の概要

-所在地
北海道苫小牧市
-竣工
2014年度
-栽培品目
イチゴ
-栽培面積
2ha(2016年度に4haに拡張予定)
-外観
外観図

イチゴ栽培用として28棟におよぶ国内最大規模の先端施設園芸温室です。

-栽培風景
栽培風景図

エリア毎に異なる環境にし、とちおとめをはじめとした6品種を育てており、将来的には2~3品種に絞り込む予定で、栽培に適した苗を選定中です。

国産イチゴは夏から秋にかけて流通量が少なくなり、輸入依存度が高くなります。この最先端の栽培設備では、気候や天候に左右されず、通年で安定した栽培・出荷を目指しています。

導入効果

-通年でのイチゴの収穫
温室の内外には温湿度計など様々なセンサーを設置し、国内最高レベルの高度環境制御システムで、年間を通じて一定の品質・量の農作物を栽培できます。
-作業の省力化
これまでの人の手による作業や人の目による監視が不可欠でしたが、自動で人の手をかけずに環境を制御できます。また、タブレット等を使用し、外出先でも育成状態を管理することができます。
-省エネ化
当社のセンサ・制御技術を駆使した「複合環境制御システム」により、灯油や電力などのエネルギー使用量を一般的なハウスに比べて3割削減できます。

システム概要

システム概要図 システム概要図
ページの先頭へ戻る