富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

[ 太陽光利用型植物工場 ]

産地・農業の現場において、青果物の鮮度保持に不可欠な予冷・保冷工程をトータルにサポート。

対象品目の特徴に合わせた最適な温度・湿度コントロール技術をご提供します。

強制通風冷却方式

強制通風冷却方式図
特長

・農産物に適した温度、湿度コントロールを実現します。

・庫内のパレット配置に制限が少なく、作業性が優れています。

・他方式より建設費が低く済みます。

・冷却時間:10時間程度(※)

用途
・農産物全般

差圧通風冷却方式

差圧通風冷却方式図
特長

・庫内の温度ムラを減らし、農産物を均一に冷却します。

・冷却時間:6時間前後(※)

用途
・農産物一般

真空冷却方式

真空冷却方式図
特長

・最も短時間で冷却ができます。

・水洗い野菜の水切り効果があります。

・段ボール梱包時においても予冷が可能です。

・冷却時間:40分前後(※)

用途

・根菜類

・花き

・葉物野菜など

(※)品種・保管量・保管温度により変化します

エンジニアリングツールを駆使して室内の気流状況や温度分布を解析し、空調機器を含む各種設備レイアウトの最適化や既存設備の熱だまり等の課題を抽出します。

解析サービス事例図 解析サービス事例図

リモート管理システム

冷蔵設備の温度、湿度、消費電力情報を収集だけでなく、機器故障時はメールアラーム発報が可能です。

リモート管理システム図 リモート管理システム図
ページの先頭へ戻る