リンク: 温管 冷管 排気ダクト

温管

備考
温配管接合(フランジ)部の温度状態

高温部(100度C以上)露出のためバルブ操作時には
接触に注意すること。
リンク: 温管 冷管 排気ダクト

冷管

備考
冷配管部の温度状態
 保温材に湿潤部あり(保温材劣化)
リンク: 温管 冷管 排気ダクト

排気ダクト

備考
排気ダクト局所発熱
(クラックによる内部温度漏れ)
リンク: 温管 冷管 排気ダクト