富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • グループ情報
  • 総合製品情報

富士電機機器制御株式会社

ホーム > 富士電機機器制御トップ > 製品情報 > 制御機器:タイマ > 瞬停再始動リレー MB4シリーズ

瞬停再始動リレー MB4シリーズ

製品情報

プラント等の大型設備で瞬停(瞬低)後のモータ再始動に最適

プラント等の瞬停時の自動再始動を順次始動方式とし、プラント電源部の負担を軽くすることができます。停電時間の長さにより、瞬時再始動、限時再始動、再始動禁止の3種類の動作が可能です。

瞬停再始動リレー MB4シリーズ

各種資料ダウンロード

ログイン会員限定の技術資料やFAQのダウンロードには、Feメンバーシップ会員ログインが必要です。(登録無料)
ログインFeLibraryに遷移しての資料閲覧となります。

  • 総合カタログ
  • 機種別カタログ
  • Felibraryデータ
  • FelibraryCadデータ
  • FelibraryFAQデータ
  • 特長
  • 定格・仕様
  • 外形寸法
  • 価格
  • 形式説明

電源負担の軽減

プラント等の瞬停時の自動再始動を順次始動方式とし、プラント電源部の負担を軽くすることが可能です。

3種類の動作

停電時間の長さにより、瞬時再始動、限時再始動、再始動禁止の3種類の動作が可能です。

釈放出力:有

電源回路に残留電圧が存在していても、自己保持回路を確実に釈放することが可能です。

高精度

限時再始動時間はセット誤差がないデジタル設定です。

簡単取付け

取付け容易なプラグイン形です。

定格、仕様

瞬停再始動リレー MB4シリーズ

項目 性能
停電検出電圧 65%±5%Ue(25℃)温度誤差±2%Ue(25℃基準)
電源復帰検出電圧 89%±2%Ue at50Hz(25℃)温度誤差±2%Ue(25℃基準)
91%±2%Ue at60Hz
瞬時再始動禁止時間(※1) 0.02±0.02秒/0.175±0.025秒(温度誤差含む)
限時再始動禁止時間(※2) 0.5±0.1秒/1±0.1秒/2±0.2秒/4.5±0.5秒(温度誤差含む)
出力パルス幅(a接点およびb接点) 0.1±0.025秒(温度誤差含む)
復帰時間(※3) 最大5秒
最大許容電源電圧 110%Ue
許容周囲温度 −10〜+50℃(但し、氷結・結露しないこと)
許容相対湿度 35〜85%(但し、氷結・結露しないこと)
制御出力 AC240V 2A(抵抗負荷)
消費電力 AC100V・・・約0.3VA AC200V・・・約0.7VA
AC110V・・・約0.4VA AC220V・・・約0.8VA
AC120V・・・約0.4VA AC240V・・・約0.9VA
耐サージ特性 2000V(JIS C 61000-4-5)
耐ノイズ特性(誤動作) ノイズシミュレータ、パルス重畳1000V 誤作動なし
波形:ノイズ幅1μs、立上がり1ns 以下、正負
位相0 〜 360°、電源同期繰返し 印加
印加時間、1分間
電源端子間
耐電圧 充電部と非充電金属部間 AC2000V 1分間
接点ギャップ間 AC1000V 1分間
絶縁抵抗 100MΩ以上(DC500V 絶縁抵抗計)
耐震動 誤動作 10〜55Hz 複振幅0.5mm(3軸方向 各10回)
耐久 10〜55Hz 複振幅0.75mm(3軸方向 各1時間)
耐衝撃 誤動作 100m/s2(3軸方向 各4 回)
耐久 500m/s2(3軸方向 各5 回)
機械的耐久性(出力接点) 2000万回以上
質量 約100g

(※1)
瞬時再始動禁止時間……限時再始動となる最小停電時間を表します。(瞬時再始動となる停電時間の最大値を表します)

(※2)
限時再始動禁止時間……限時再始動が禁止となる最小停電時間を表します。(限時再始動となる停電時間の最大値を表します)

(※3)
復帰時間……負荷を始動してからリレーが動作可能となるまでの時間です。

●ソケットをご利用ください。

外形図

瞬停再始動リレー MB4シリーズ

価格

機種 取付方式 接点構成 限時再始動時間 限時再始動禁止
機能(ダイヤル0の時)
定格制御電源電圧
□内指定〔商品コード〕
商品コード 希望小売価格(円)
MB4 表面取付 1a1b 0.2〜30秒
可変
AC100V〔A1〕
AC110V〔AH〕
AC120V〔AK〕
AC200V〔A2〕
AC220V〔AM〕
AC240V〔AP〕
MU4-□3T 34,070
MB4-A 0.5〜30秒
可変
MU4-□3TA

形式説明

製品について技術へ問い合わせる

価格や納期を営業へ問い合わせる

ピックアップ

電力監視システムソリューションから探す

省エネをはじめるには、何はさておき、まず『見える化』です!

関連情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© Fuji Electric FA Components& Systems Co., Ltd. All Rights Reserved.