富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 製品情報 > セキュリティソリューション > 入退場管理システム

入退場管理システム

セキュリティの信頼性を高めながら、入退場をよりスムーズに。

幅広い機器のラインナップと柔軟なシステム構築力で、
お客様のニーズにふさわしいセキュリティシステムを実現します。

場内への入退場システムを設置後、始業前に入場で混雑が。
クルマ通勤者が多く、近隣住民から入場待ち渋滞に対して
苦情が来ている。また、始業時間に遅れる者も出てしまっている。

  入退場管理システム(タッチレス式)
「タッチレス式入退場管理システム」の導入で、乗車したままICカードの読み取りが可能。
スムーズな入場を実現し、交通渋滞を解消します。

入退場管理が、
目視で行われている事業所がある。
不正侵入が発生しないか心配だ。

    入退場管理システム(タッチ式)   
「入退場管理システム」の導入で、目視による見落としのリスクをゼロに。また、入退履歴の管理がカンタンにできます。

入構時、登録済車両と未登録車両を
目視で判断しており、
見落としのリスクがある。

            車番認証システム          
カメラを使った「車番認証システム」により、目視による見落としのリスクをなくすことができます。また、入場履歴の管理もよりカンタンに。

両手が塞がった状態やマスクをした状態で出入りする扉でも、
しっかりとセキュリティ強化を図り、許可者以外を入室させたく
ない。

            虹彩認証システム          
生体認証の一つである「虹彩認証システム」により装置に触れることなく、マスクやゴーグル、手袋などを装着したままハンズフリーで入退の認証ができます。

敷地の外壁から
不審者が侵入しないか心配だ。

           光フェンスシステム          
外壁に「光フェンスシステム」をはりめぐらせることにより、よじ登りを検出。不正侵入発生時にスムーズな対応が可能になります。*光フェンスは富士古河E&C株式会社の登録商標です。

バスに乗ってきた人たちの入場手続きに時間がかかってしまう。
後続を待たせてしまうのも気になり、
おざなりな入構確認になってしまうのが現状。


▲ 乗車したままで認証

    簡易入退場管理システム
(タッチレス式)  
ハンディターミナルを持った守衛がバスに乗り込み一斉にチェックできる、タッチレス式ハンディターミナルにより、乗客の乗り降りなしで入退場を管理。スムーズなオペレーションを実現し、不正侵入の発生を防ぎます。

場内で工事に際して行う、一時的な作業員の入場手続きが
煩雑になるため、おざなりな入構確認になってしまわないか。

  簡易入退場管理システム(タッチ式)
タッチ式の簡易入退場システムにより、ハンディターミナルとPCだけでフル機能の入退場管理システムが構築可能。期間や規模に合わせて柔軟に対応でき、目視見落としによる不正侵入や被災時の安否確認漏れのリスクも低減できます。

場内への入退場と建物への入退場でシステムが異なり、
複数枚のカードを各利用者が管理せねばならず煩雑。

        入退場管理システムの統合     
場内と建屋のセキュリティシステムを統合することが可能。ICカードも1枚で済みます。

資材・部品の搬入や完成品の搬出で車両の出入りが多い。
厳密な入退場管理は必要だが、そのためにジャストインタイムで届けるはずのトラックを待たせてしまう。

       トラック誘導・管制システム     
カーナンバーをカメラで認識する車両専用の入退場管理システムの導入で、車両用カードの発行が不要になります。

万が一災害が発生したときに、
システムを使って場内での
安否確認を迅速に行えないだろうか。

       安否確認機能      
工場や事業所が被災したときに、ハンディターミナルを使ってカンタンに避難者の確認ができます。また、災害対策本部用のパソコンで未確認者一覧を確認できます。

来訪者の入場時の入門票への記入で渋滞していないか
来訪者の在場確認時に手書き書類からの検索が大変じゃないか

    来訪者登録管理機能      
受入担当者が事前にシステムに登録することで入門証への記入が不要になり、ICカードの発行は氏名、社名、受入担当者の確認のみでスムーズに行えます。入退場履歴で氏名、会社名が確認できるためPCで簡単に在場の確認もできます。

食品工場 / 病院・介護施設 / 薬品工場 / 研究開発拠点 / 物流拠点 /
広大なキャンパス / 分散した事業所 / スタジアム・大規模イベント / 空港

まずはご相談ください

ページの先頭へ戻る

Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.