富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

INTERVIEW社員インタビュー

キャリア採用情報

INTERVIEW2次世代のパワーデバイスの開発に挑む。
キャリア入社でも、大きな裁量を持てる。

K.O

電子デバイス事業本部 開発統括部 デバイス課

もっと高いレベルにチャレンジしたい。
そんな私の意欲を買ってくれた。

富士電機に転職する以前は、大手の電子部品メーカーでパワーデバイスの開発に携わっていました。そこでのチャレンジングなプロジェクトを成し遂げて一区切りついた時、新しいステージに移りたいと転職を考えるようになりました。

そして、これまでのキャリアを活かし、さらに高いレベルの開発にチャレンジできる企業として注目したのが、富士電機。パワーデバイスの業界ではトップメーカーであり、私も論文で度々目に触れる機会があって、非常に技術力の高い企業だという印象を持っていました。

実際に応募して面接を受けると、次世代のパワーデバイスの開発に関わってほしいというオファーをいただき、まさに私が望んでいたポジションに立てると入社を志望しました。

ナレッジが整備され、技術者の質も高い。
開発に取り組む環境はとても刺激的。

入社後は、半導体を開発製造する松本工場のパワーデバイス開発チームに所属し、新規デバイスの開発を担うことになりました。キャリア入社したメンバーも周りにたくさんいることからも、疎外感や外様感のようなものを感じることはありませんでした。

特に、富士電機は技術者同士のコミュニケーションがとても活発で、みなさんとても気さくなのですぐに溶け込めましたし、また、大学や国の研究機関などと共同研究を盛んに行っていることもあって、最新の理論に精通されている技術者が多く、議論のレベルも高いことに驚かされました。さらに、ビックリした点として、富士電機では過去のナレッジがすべてデータベース化されていて、自由に検索して閲覧できるシステムになっています。

キャリア入社者は、当初は社内に人脈がないので必要な情報を集めるのに苦労しがちですが、その点でもストレスなく開発に取り組め、入社してすぐに力を発揮することができる。技術者としてはやりがいのある環境だと思います。

海外に留学してさらに技術を磨き、
最先端のデバイス開発を通して社会に貢献したい。

そして現在は、次世代のパワーデバイスの開発に挑んでいるところです。このプロジェクトでは私が主担当を務めることになり、ある程度裁量を持って開発を進めています。キャリア入社してまだ間もない私にも、こうして大きな仕事を委ねてくれますし、オープンでフェアな風土の企業だと感じています。

さらに自らを高めていくために、社内の留学制度を利用して海外の大学で学び、世界最先端の研究に身を投じてみたいとも考えています。これから富士電機でどんなキャリアを重ねていけるのか、将来の自分がとても楽しみです。また、ワークライフバランスの面でも働きやすい環境であり、上司からは有給休暇を積極的に取得するように薦められます。さらに私は最近子どもが生まれたのですが、その際には5日間の配偶者出産休暇を取得できるなど、福利厚生がとても充実していますし、毎週水金曜日は、一斉退社日といういわゆるノー残業デーになっていますので、早く家に帰って子供とお風呂に入るのが最近の楽しみです。

このように社員と社員の家族に優しい会社であり、これからの人生を考えると、その点でも富士電機に転職して正解だったと実感しております。

INTERVIEW1

A.S

MORE

INTERVIEW2

K.O

MORE