富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

MESSAGEメッセージ

キャリア採用情報

富士電機をさらに強い企業へ。
キャリア人材の力に期待しています。

山内 俊博
人事・総務室
人事部長

「チーム力」で大きな価値を生む。それが富士電機の強さの源泉。

富士電機は、1923年の創業以来、100年に及ぶ歴史を積み重ねてきた電機メーカーです。私たちが究めてきたのはエネルギー・環境技術であり、発電設備などの社会インフラ、受変電設備などの産業用プラント、インバータやマグネットスイッチなどのパワエレ機器、パワー半導体などの電子デバイス、そして自動販売機や冷凍・冷蔵ショーケースなどの食品流通分野など幅広い事業を展開。エネルギーを最も効率的に利用できる製品やシステムを通して、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献しています。

経営基盤も安定しており、昨今の不透明な景況のなか、2015年度まで6年連続で増収増益を続けています。その原動力となっているのが、富士電機ならではの「チーム力」。設計開発、生産、営業、アフターサービスなどの各機能が密に連携し、個々の力を結集することで大きな価値を生み出し、それが当社の競争力につながっています。今後は、事業間の連携もさらに強化して、当社が優位性を持つ製品をインテグレートし、システムとしてお客様に提供することでさらに成長を図っていく戦略です。100周年を迎える2023年、売上高1兆円、営業利益率7%を達成することが、いま当社の掲げるビジョンです。

事業領域はきわめて広範。だから個人に大きな仕事が託される。

イノベーションを起こして新たなマーケットを開拓していくためには、いままでの富士電機にはない発想や思考が必要です。近年、キャリア人材の採用に精力的に取り組んでいるのも、そのためです。たとえば、当社はこれからグローバル展開をいっそう推進していく方針ですが、現状、海外売上比率はまだ3割ほど。アメリカや東南アジア、インド、中国などの地域で事業は成長の余地が大いに残されており、そうした新市場の開拓にもキャリア人材の力に期待しています。また、当社は過去の労務構成において30代の中堅層が薄くなっているのが実情であり、そこにぜひ実力のある人材をお迎えして組織を強化していきたいと考えています。

富士電機はそれほど規模の大きな企業ではありませんが、半導体から発電設備まで、実に幅広い事業を手がけています。いわゆる超大手と比べると、少ない社員で大きな事業を動かしているため、社員ひとりひとりが担う責任範囲も広い。ですから、当社は若いうちから仕事を任され、オーナーシップを持って業務に取り組む文化があります。こうした環境を魅力的に感じる方なら、富士電機で自らを大きく成長させ、有意義なキャリアを積むことができるはずです。

お客様のために一致団結する、
そんな企業姿勢に賛同できる方と。

将来に向けて経営人材やグローバル人材の育成にも、いっそう力を入れて取り組んでいます。たとえば、経営を担える人材を若い段階から計画的に養成していくとともに、今後は、国内で活躍している中堅社員を双方合意の上で積極的に世界に送り出し、海外ビジネスをマネジメントできる人材に育てていきます。もちろん、これからキャリア入社される方々も対象であり、ぜひ当社で経営人材やグローバル人材に成長していただきたいと思っています。さらに、女性の活躍推進も大きなテーマとして掲げており、女性管理職を担える人材を現状の倍の数にまで育成していく方針です。

富士電機は、お客様志向がきわめて強い会社です。お客様が何か問題を抱えてお困りになっていると、一致団結して対応する。ひとりひとりがお客様と誠実に向かい合い、お客様のために何ができるのかを真剣に考え、そうした熱意がチームのなかで結集してより大きな力となっていく。それは富士電機が創業以来受け継いでいるDNAであり、だからこそ多くのお客様から信頼をいただいているのだと思っています。こうした当社の姿勢に賛同し、一緒にこの富士電機をさらに強い企業へと変革していくことのできる、そんなみなさんが参画してくださることを切に願っています。