2012ebook
21/65

20112012120957.74.92011201244554.05.020112012382.5593.720112012–2–0.2403.1201120122943751,2721,5561,5661,931201120122582938478171,1051,110201120124575171,0511,0701,5081,587201120127177794054971,1221,2762011201223352.03.32011201271,149241,0301,1551,05420部門別概況(億円)(%)(億円)売上高営業利益/営業利益率 国内 海外(予想)(予想)(年度)(年度)(予想)(予想)(年度)(年度)(予想)(予想)(年度)(年度)(予想)(予想)(年度)(年度)(予想)(予想)(年度)(年度) 2012年度からの3カ年において、2014年度の売上高は、2012年度と比較して11%増の8,300億円、営業利益は同52%増の350億円を計画しています。 部門別では、当社のパワー半導体を適用したパワエレ機器製品を中心にインフラ関連事業(発電・社会インフラ、産業インフラ)の売上拡大を目指します。なかでも、発電・社会インフラ、産業インフラ、パワエレ機器は、海外売上高の大幅な拡大を計画しています。 営業利益は、2011年度に損益が悪化した電子デバイス、パワエレ機器が大幅に改善し、各部門とも利益が拡大する計画としています。3カ年ローリングプラン(2012年度~2014年度) 10,0004,0006,0008,0002,000193–2,00002012(予想)2013(計画)2014(計画)7,8007,5008,3001,2501,7951,3251,0901,0901,8701,9312,000–620 –590 –660 1,1101,5871,2761,0541,1321,4002,0001,4001,0001,1605002003004001001931000–1000300230350639165401510695125–80–74 –80555940352070107767452012(予想)2013(計画)2014(計画)売上高営業利益(億円)(億円)(年度)(年度)電子デバイス +36電子デバイス +124 (+35)食品流通 +10食品流通 +106 (+90)( )は海外その他 -13その他 -13212~14年度 増減12~14年度 増減パワエレ機器 +48パワエレ機器 +413 (+327)産業インフラ +15産業インフラ +290 (+165)消去消去発電・社会インフラ +30発電・ +69社会インフラ (+160)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です