富士電機レポート2013
33/63

家庭でのインターネット利用が普及してきた近年、ネットショッピングなどのeコマースが急激な広がりを見せており、大手コンビニチェーンの(株)ローソンはインターネット事業大手のヤフー株式会社と共同で、食品・日用品の宅配サービス「スマートキッチン」を提供しています。(株)ローソンは、店舗を経由せずに食品を提供する新しいビジネスを実現するために、神奈川県座間市に要冷設備を備えた「ローソンEC物流センター座間」を立ち上げました。冷凍食品や生鮮食品など、商品の種類によって部屋ごとに異なる厳密な温度管ファミリーマートは、事業活動を通じた環境保全への取り組みのなかで、店舗運営における省エネにも積極的に取り組んできました。「ファミリーマート八幡メディアパーク店」での新しい試みは、CEMSとの連携です。地域全体のエネルギーの平準化に役立つことで、地域に貢献したいと考えています。グローバル展開を積極的に進めるファミリーマートにとって、店舗だけでなく地域のエネルギー平準化に貢献できることは大きなアピールになります。電力需要が増え続ける東南アジアなどに今回のモデルが広がっていくことを期待しています。お客様の声Voice株式会社ファミリーマート管理本部 CSR部長大野 文明 様理を、富士電機の要冷技術が実現しています。富士電機が、自販機や冷蔵ショーケースなどで長年培ってきた要冷技術と、店舗流通分野における店舗や倉庫などの設計・施工の実績・ノウハウによって、生活をより便利にするサービスを流通面でバックアップしています。物流センターの荷捌きスペース。室内は低温を保持大手コンビニチェーンの(株)ファミリーマートは、北九州スマートコミュニティ創造事業*の実証実験に参加し、エネルギーマネジメント店舗として、「ファミリーマート八幡メディアパーク店」をオープンしました。富士電機は、省エネ制御可能な空調や照明など、店舗内機器のエネルギー使用を最適化するシステ事例紹介eコマースで変わる流通システム富士電機の要冷技術と設計・施工のノウハウでサポート事例紹介業界をリードする最新鋭エコストアを提案株式会社ローソン株式会社ファミリーマートムを構築し、店舗の快適空間、商品品質を維持しながら、電力料金コストを最小限にする自動制御を可能にしています。また、CEMS(地域エネルギーマネジメントシステム)との連携により、地域全体のエネルギーの最適化も図っています。富士電機は店舗EMS(エネルギーマネジメントシステム)や省エネショーケース、省エネ空調など、電気や熱エネルギーの省エネを実現するさまざまな製品・技術とノウハウにより、店舗の最適な運営を提案するスマート店舗事業を展開していきます。* 北九州スマートコミュニティ創造事業:北九州市が推進する73企業・団体が参加する実証事業。スマート店舗の実証実験にはファミリーマート、富士電機など6社が参加。今回ファミリーマートに 提供したシステムの概要省エネ空調LED照明省エネショーケーススマートメータユニット工法店舗EV用急速充電器当社が提供できるその他の製品省エネ制御店舗コントローラ店舗全体エネルギーの最適制御・蓄電設備・太陽光発電地域節電所電力監視ユニット特集Fuji Electric Report 2013Page 32

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です