富士電機レポート2013
44/63

20102011201220015010050089.4103.0158.6環境配慮製品や環境貢献製品の提供により、社会全体のCO2排出量削減に貢献することを目指しています。2012年度の製品によるCO2排出量削減の貢献量は、2011年度の103万トンに対し、55.6万トン増の158.6万トンのCO2削減に貢献する結果となっています。この取り組みにあたって、富士電機共通のエコ製品認定制度を定め、「エコ製品」および「スーパーエコ製品」の拡大を進め、2020年までに売上高全体に占めるエコ製品の比率を70%まで高めていくことを目指しています。(2012年度実績は29.5%)製品による社会のCO2排出量削減エコ製品認定制度製品の環境配慮を当社基準に照らして評価し、一定の基準を満たした製品を「エコ製品」、そのうち業界トップクラスの環境性能・環境貢献度を有する製品、社外で全国レベルの表彰を受けた製品を「スーパーエコ製品」として認定しています。※各年度出荷した製品が、1年間稼働した場合のCO2削減量。※電機電子業界の低炭素社会実行計画で定めた貢献量算定方法を参考に算出。製品によるCO2排出量削減 (万t) スーパーエコ製品エコ製品製品認定認定•環境配慮や環境貢献に特に優れた製品• 環境配慮製品• 環境貢献製品2012年度のスーパーエコ製品太陽光発電用パワーコンディショナ(PVI1000シリーズ)無停電電源装置(7000HXシリーズ)新3レベルIGBTモジュール優秀省エネルギー機器表彰 「資源エネルギー庁長官賞」を受賞日本機械工業連合会の実施する「平成24年度(第33回)優秀省エネルギー機器表彰」において、「新3レベル回路適用無停電電源装置(UPS:HXシリーズ)およびパワーコンディショナ(PCS:PVIシリーズ)」が「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。当社独自の「新3レベルIGBTモジュール」の採用により、電力の交流-直流変換で発生する損失を大幅に減らし、UPS(HXシリーズ)では装置効率97%、またPCS(PVIシリーズ)では変換効率98.5%という、世界トップレベルの省エネ性能が評価されました。環境配慮製品:製品ライフサイクル全体で、環境への負荷低減に配慮した製品。省エネルギー、省資源化、リサイクルなど6項目の基準のうち4項目以上が従来品に比べて優れている製品。環境貢献製品:その製品を使用することにより、環境保全に貢献する製品。自然エネルギー利用や情報通信技術の活用などで環境に貢献している製品。(年度)Fuji Electric Report 2013Page 43

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です