富士電機レポート2014
15/56

事業報告2014年度 重点施策海外や店舗流通など、伸長分野への展開を強化自販機は、国内における省エネ型環境対応自販機の更新需要の取り込みに加え、需要が拡大する中国・アジア市場において、中国での増産やタイ新工場での生産開始、現地販売会社の設立などにより、自販機事業の拡大を図ります。店舗流通は、コンビニエンスストアを中心とした店舗設備の需要拡大に加え、新事業の拡大に取り組みます。また可搬型保冷庫「D-BOX」や植物工場向けビジネスなど、冷熱技術を活用した流通システム事業に取り組みます。2013年12月、アジア・欧米向け製品の中核生産拠点・タイ新工場で、インバータ・無停電電源装置等の生産を開始しました。2014年2月、中国において強力な販売網を有する上海電気と高圧インバータの販売・生産を行う合弁会社を設立しました。2014年度 重点施策新製品の市場投入とタイ新工場を核とした事業拡大ドライブおよびパワーサプライでは、インバータ、無停電電源装置、パワーコンディショナなどの主力商品において、グローバル商材の開発、市場投入を推し進めます。また、タイ新工場の生産規模拡大により、価格競争力の強化を図ります。さらに上海電気集団股份有限公司との合弁会社を活用した中国ビジネスの拡大に取り組みます。器具では、国内において新エネルギー分野向けに注力するとともに、アジア・中国向け製品ラインアップの拡充を図ります。中国(深圳)において、中国向け産業用パワー半導体製品の生産体制を拡充しています。2013年10月、松本工場に生産ラインを新設し、SiCを用いたパワー半導体の生産を開始しました。SiCパワー半導体2014年度 重点施策パワー半導体の新製品投入と次世代半導体の開発加速半導体は、新製品投入とともに、前期に設立した中国・台湾・欧州のデザインセンターにおける現地設計強化により、売上拡大を図ります。また後工程の海外生産拡大などにより、原価低減の取り組みを推進します。さらに将来の事業拡大に向けた次世代パワー半導体の開発を加速していきます。新たに投入した省エネ型環境対応自販機、コンビニエンスストア向けコーヒーマシンは、お客様の好評を受け、売上が伸長しました。Fuji Electric Report 2014Page 14

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です