富士電機レポート2014
23/56

事業報告富士電機マニュファクチャ リング(タイランド)社取締役兼製造部長Natee Nararatnkulアジア生産拠点の立ち上げタイ新工場立ち上げにあたっては、操業ロスを最小限に抑えるため、資材や設備のきめ細かな搬入計画の策定・実行、多種多様な製品の製造に応える設備や生産システムの整備を行いました。そして何よりも、ものつくりを大切にする人材育成に力を入れ、鈴鹿工場などマザー拠点が主体となり、品質の要である重要基本作業の教育、指導、認定を行うとともに、作業教育や現場改善活動などを計画的に実施し、ものつくりのDNAを伝えています。低価格で高品質な製品を提供するために、アジアの生産拠点として成長していきます。社員の声Voiceタイ新工場の製造ラインメーカの原点であるものつくり強化に向け、国内の各工場をマザー拠点として、技術・ノウハウの蓄積、海外の生産拠点で活躍できる生産技術者や技能者の育成に取り組んでいます。海外の各工場では、ものつくりの根幹である技能教育、品質マネジメントシステムの向上、サプライチェーン改革推進を通じて、業務品質と効率の改善を図っています。新人生産技術者教育2013年度は、生産技術部門に配属される新入社員を対象に、3か月間の集合教育を実施しました。要素技術、重要基本作業といった基礎技術を2か月間で習得。その後、チームに分かれて、自動搬送装置を製作しました。生産技術を担うために必要な企画・設計・調達・組立・調整・評価までの一連の設備構築の工程を学習しました。人材育成の強化ものつくり教育体系マネジメント研修管理職一般社員若手・新入社員技術系技能系コア技術実践教育管理技術製造技術応用管理技術製造技術基礎基本技術教育(IE※1、QC※2、VE)入社2年目新人生産技術者教育(新設)中核生産技術者教育(新設)新人技能者教育(1年間)技能五輪(3年間)製造主任作業長リーダー監督者教育自動搬送装置の製作の様子技能五輪全国大会の様子※1 工程設計  ※2 品質管理技能五輪全国大会で入賞2013年11月に実施された第51回技能五輪全国大会において、富士電機エフテック(株)から「抜き型」職種に3人が出場し、銀メダル、銅メダルを受賞しました。優秀な技能者が、ものつくりの現場において中核人材として成長することにより、富士電機のものつくりの強化につなげていきます。Fuji Electric Report 2014Page 22

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です