富士電機レポート2014
26/56

1特集1:世界のエネルギー課題に貢献クリーンエネルギーの安定供給と、エネルギーの有効活用今、日本を含む世界において、エネルギーを取り巻く環境に変化が起きています。日本では、再生可能エネルギーの普及・促進を狙いとした固定価格買取制度を背景に、メガソーラーが各地に建設されるとともに、安定した電力供給の確保と環境負荷低減の観点から、高効率な火力発電設備の導入が多数検討されています。また、限りある資源を最大限に有効活用するため、エネルギーをかしこく使うスマート化に注目が集まっています。また海外においても、新興国では電力不足と電力品質の改善が課題となっており、発電所の新設や、電力安定化設備・省エネ設備の導入が推進されています。富士電機は、クリーンエネルギーの創出、エネルギーの有効活用を実現するスマート化を切り口とした豊富な商材と実績を有しており、事業を通じて世界中でエネルギー課題に貢献していきます。富士電機の「クリーンエネルギー」「スマート化」ビジネスクリーンエネルギー再生可能エネルギー高効率で環境負荷が少なく、信頼性の高い発電設備を通じ、世界中で電力安定供給に貢献火力発電設備特徴◦ 超々臨界圧発電・GTCC発電※をはじめと する高効率な発電設備実績◦ 国内外の電力会社や独立発電事業者 (IPP)などに366台(うち日本122台)■ 超々臨界圧発電設備 〔電源開発(株)磯子火力発電所〕■ GTCC発電設備 〔沖縄電力(株)吉の浦火力発電所〕地熱発電設備   特徴◦ 設備を腐食や磨耗から守る耐腐食技術◦ 遠隔保守支援システム◦ 大容量から小容量まで全方位対応実績◦ 世界最大容量をはじめ、67台(うち日本5台)◦ 直近10年間の世界シェア約40%水力発電設備特徴◦ 低落差発電技術◦ 大容量から小容量まで全方位対応実績◦ 電力会社などに689台(うち日本414台)燃料電池特徴◦ 電気化学反応を用いたエネルギーロスが少なく効率の高い発電設備実績◦ 48台(うち日本41台、ドイツ5台) 目的に応じてソリューションを提供■ 製鉄所副生ガス(水素)使用〔北九州水素タウン〕■ 下水消化ガス使用〔山形市浄化センター〕■ 低酸素空気利用による火災予防 ドイツで世界初の実証太陽光発電システム    風力発電システム    特徴◦ システム全体を丸ごと請け負う技術力と豊富な実績◦ 発電した電気を送電のために効率よく交流に変換する高効率パワーコンディショナ◦ 電力系統への負荷を抑制する電力安定化装置実績■ (株)みやまエネルギー開発機構 みやま高柳第1・第2発電所(合計4MW)■ 出光興産(株)門司発電所(2.9MW)■ 沖縄電力(株)大宜味風力発電所(4MW)■ 富士グリーンパワー(株)西目風力発電所(1.9MW) 他※ ガスタービン・コンバインドサイクル発電 事例紹介 P.29 事例紹介 P.27Fuji Electric Report 2014Page 25

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です