富士電機レポート2014
28/56

併設する建物の影響で日照時間が損なわれないように丁寧に解析した上で、設計から建設までわずか半年の工期で対応していただきました。パワーコンディショナの生産ラインを見学し、その品質の高さを実感しています。今後も長期間のアフターサービスにしっかり対応いただき、安定操業を支えてほしいと思います。お客様の声Voice出光興産(株) 新エネルギー部 担当課長三牧 英明 様特集1:世界のエネルギー課題に貢献出光興産(株)は、基盤事業である燃料油や石油化学分野に加え、環境負荷の少ない再生可能エネルギー分野にも注力しています。固定価格買取制度を契機として太陽光発電事業に新規参入し、門司発電所、姫路発電所で発電事業を行っています。事業を推進していく上では、発電効率および20年以上にわたる長期間の安定操業が重要となります。日本での取り組み事例出光興産株式会社 門司発電所事例紹介メガソーラーの高効率化・長期安定操業を支える出光興産(株) 北九州市門司発電所門司発電所内の屋外コンテナに入ったパワーコンディショナ※ ‌設備の設計、機器の製作・調達、施工、試験まで一括して請け負うことクリーンエネルギー日本のエネルギー自給率は4%。その向上などを目的に、2012年に再生可能エネルギーの普及・促進を狙いとした固定価格買取制度が施行されてから、既に1,110件・2.1百万kWのメガソーラーが運転を開始し、さらに約7,700件・35百万kWの建設が計画されています※。また、再生可能エネルギーの利用推進と、限りある資源の有効活用に向け、行政や企業が一体となって、地域や施設のスマート化に向けた実証実験を行っています。富士電機は、メガソーラーの導入を支えるとともに、各地で実施されているスマートシティの実証に携わるなど、エネルギーの「クリーン化」「スマート化」に貢献しています。※ 出所:経済産業省(2014年3月末現在)富士電機は、2013年11月に稼働を開始した門司発電所の建設をEPC※として一括で請け負い、短納期で施工。建設後もアフターサービスを提供しています。メガソーラーの心臓部である当社製パワーコンディショナは業界トップクラスの高効率で、全体の発電効率を高めました。また、現地サービス体制に加えて、お客様の本社(東京)で設備の稼働状況を確認できる遠隔監視システムを納入するなど、長期間にわたる安定操業を支えています。Fuji Electric Report 2014Page 27

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です