富士電機レポート2014
55/56

ブランドの変遷、最新のニュース、製品情報、採用情報など、当社のあらゆる情報を公開しています。見通しに関する注記事項本レポートに記載されている将来についての計画や戦略、業績見通しに関する記述は、当社が現時点で合理的と判断した一定の前提に基づいたものであり、業績の変動要因となりうる主なものは以下の通りです。すなわち、(1)主要市場における経済情勢の急転および貿易規制などのビジネス環境の変化、(2)米ドル、アジア通貨、欧州通貨を中心とした対円為替相場の変動、(3)新技術を用いた製品の開発、タイムリーな市場投入、低コスト生産を実現する当社および子会社の能力、(4)特にエレクトロニクス業界における急激な技術革新、(5)市場における製品需給の急激な変動、(6)自社および他社の知的所有権に関わる問題、(7)日本の株式相場変動、などです。従いまして、実際の業績は見通しと異なることがありうることをご承知おきください。本レポートは、経営・財務情報を報告する「アニュアルレポート」と環境・社会的側面の取り組みを報告する「CSRレポート」を統合し、経営活動の要点を1冊で体系的に報告する年次報告書として発行しています。本レポートにおける当社の情報は、トピックスを中心に構成しています。決算などのIR情報や社会・環境(CSR)情報、技術成果などの詳細情報については、当社ホームページ、富士電機技報をご覧ください。企業価値向上に向け、富士電機では製品デザインにおける取り組みを強化しています。2013年度は、シンボルマークと社名を一体化した製品用企業ブランド表示(エンブレム)を新設しました。今後は、エンブレムをすべての製品に表示していきます。また、当社の基本理念や製品品質に対する企業姿勢を反映させた統一した製品デザインに取り組み、新規開発品、モデルチェンジ品から順次適用していきます。これにより、世界で当社の認知度を高めるとともに、企業価値向上を図っていきます。ホームページ〈製品デザインのコンセプト〉コミュニケーションツールのご案内製品用企業ブランド表示を新設しましたhttp://www.fujielectric.co.jp/index.html 富士電機検 索研究開発サイト富士電機技報社員が執筆した技術論文など、最新の技術成果を紹介しています。当社製パワーコンディショナへの適用例「先進」を表現するシルバー先進と信頼を「共生」させるFEブルー「信頼」を表現するブラック財務情報・ 企業情報社会・環境報告(CSR)サイト富士電機のCSRの考え方や、従業員・環境保護・地域貢献などの取り組みを詳細に報告しています。株主・投資家(IR)サイト財務・業績情報や株式情報などを掲載しています。〈エンブレム〉Fuji Electric Report 2014Page 54

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です