01 富士電機レポート2015(全ページ)
14/56

売上高(億円)営業利益(億円)1,7471,841719335717772371721パワーサプライ器具ドライブ53682013201420132014(年度)(年度)-22-23連結調整他ドライブ分野は、主力のインバータ・サーボの需要増により、売上高・営業利益ともに前期を上回りました。パワーサプライ分野は、海外向け電源設備の需要増に加え、国内メガソーラー向けパワーコンディショナの需要が堅調に推移したことにより、売上高・営業利益ともに前期を上回りました。器具分野は、工作機械や太陽光発電関連の需要が堅調に推移したことにより、売上高・営業利益ともに前期を上回りました。パワエレ機器半導体分野は、自動車分野で消費税率引上げに伴う需要の減少があったものの、産業分野においてインバータ・サーボ、産業機械等の需要が堅調に推移したこと、また、情報電源分野においても情報通信機器向けの需要が回復したことにより、売上高は前期を上回りました。営業利益は、売上高の増加および原価低減の推進により、前期を上回りました。ディスク媒体分野は、売上高は前期を上回りましたが、営業利益は、価格、機種構成差による減益影響等により、前期と同水準となりました。売上高(億円)営業利益(億円)1,2301,3722359962901,082ディスク媒体半導体65812013201420132014(年度)(年度)電子デバイス自販機分野の売上高は、中国を中心とした海外市場での拡大があったものの、国内における天候不順や消費税率引上げに伴う自販機需要の減少、コンビニエンスストア向けコーヒーマシンの需要一巡により、前期を下回りました。店舗流通分野の売上高は、コンビニエンスストア向け冷凍・冷蔵設備や流通分野向け要冷設備、植物工場向け設備・システムの増加があったものの、自動釣銭機の顧客需要減により、前期を下回りました。部門全体の営業利益は、売上高の減少があったものの、原価低減の推進により、前期を上回りました。売上高(億円)営業利益(億円)1,2011,191461739459732店舗流通自販機80852013201420132014(年度)(年度)食品流通Fuji Electric Report 201513

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です