01 富士電機レポート2015(全ページ)
19/56

事業報告アジア火力・地熱発電および電力流通を中心とするスマートコミュニティ分野の受注拡大に取り組みます。変電事業では、ものつくり・エンジニアリング体制の強化により受注拡大を図ります。また、インバータ組立工場をインドに設立するとともに、インバータ、無停電電源装置などのパワエレ機器の新製品投入、富士SMBE社を起点とした盤事業の強化により、パワエレ機器の受注・売上拡大を図ります。中国上海電気との協業関係の強化、新製品を中心とした拡販などにより、パワエレ機器の売上拡大を図ります。また、需要拡大が見込まれる自販機は、販売体制の強化により、売上拡大を図ります。欧州燃料電池の販売を強化するとともに、インバータなどパワエレ機器の新製品投入を加速します。また、新エネルギー向けパワー半導体の需要増を背景に、売上拡大を図ります。米州火力・地熱発電のサービス事業強化により受注拡大を図るとともに、更新需要の増加が見込まれる鉄道車両において米国生産を立ち上げ、受注拡大を図ります。また、インバータ、無停電電源装置などの新製品投入を加速し、パワエレ機器の売上拡大に取り組みます。2015年度経営計画・主な取り組み海外売上高は、前期に比べ346億円増の2,395億円を目指します。アジアでものつくり・エンジニアリング体制を強化するとともに、米国・インドで地産地消をさらに推進していきます。また、現地に根差した人材・商流を獲得するため、新たなM&Aなどを実施します。地域別の取り組みは、下記のとおりです。 連結子会社 新規連結子会社海外連結子会社 (2015年7月1日現在)43社2015年3月末から18社増大連富士冰山自動販売機販売社富士タスコ社富士電機インド社富士電機インドネシア社※ P53~54「グローバルネットワーク」を参照富士SMBE社およびその子会社13社• シンガポール 5社• マレーシア 4社• オーストラリア 3社• インドネシア 1社Fuji Electric Report 201518

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です