01 富士電機レポート2015(全ページ)
30/56

 国内の工場では老朽化などに伴い更新時期を迎えるインフラ設備・機器が増えており、安全・安心、生産性の向上、省エネを実現する製品・設備への需要が高まっています。 当社は「運用支援」「予防保全」「改善提案」「更新計画」などの製品・設備のライフサ イクルを通じて、お客様にさまざまな保守・保全サービスを提供し、「安定操業」「総保全コストの低減」「生産性の向上」に貢献しています。ライフサイクルを通じて、 設備の安全・安心や生産性向上に貢献特集 新しい技術・サービスでお客様の課題解決に貢献製品・設備のライフサイクルで保守・保全サービスを提供「クラウド型総合設備管理」サービス工場ビル/施設/ データセンターマンション店舗物流センター保 全稼働監視ビッグデータエネルギー マネジメントクラウド活用による総合設備管理サービスを開発Topic上記ライフサイクルサービスに加え、「エネルギーマネジメントシステム」機能を統合クラウド基盤で一本化したサービスを開発しました。稼働状況をクラウド環境でモニタリングし、各種情報を総合的に管理して保全・点検・補修・更新など適切な支援を行います。運用支援改善提案更新計画予防保全安定操業総保全コスト低減生産性向上■ サービスネットワーク■ 国内外コールセンター■ 遠隔監視サービス■ 予防保全■ 設備診断■ 余寿命予測■ 延命化対策■ 改良エンジニアリング■ 省エネ、高効率化■ 更新計画■ 保全計画■ 総保全コスト 低減の提案Fuji Electric Report 201529

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です