富士電機レポート2016
2/50

 皆様には平素より温かいご支援、ご理解を賜り、心から御礼申し上げます。 富士電機は、地球社会の良き企業市民として、ステークホルダーの皆様との信頼関係を深め、誠実にその使命を果たすことを経営の基本理念とし、エネルギー・環境技術の革新により、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献することを経営方針に定めています。 今、地球は人口増加や工業化の急速な進展により、エネ ルギー問題や環境問題に直面しています。 富士電機は、経済成長と環境負荷低減を両立させるため、 これまで培ったエネルギー・環境技術と、それを駆使したものつくり力を通じて社会へ貢献すると同時に、企業活動全体が 社会や環境に与える影響に配慮した経営を行ってまいります。 今期は、2018年度に向けた新たな中期経営計画をスタートさせました。経営理念のスローガンに掲げる「熱く、高く、そして優しく」を胸に、多様な個性を持った社員がチームで総合力を発揮し、グローバルで事業を拡大させ、持続的成長企業を 目指します。 これからの富士電機にご期待ください。代表取締役社長エネルギー·環境技術の革新により、持続可能な社会の実現に貢献Fuji Electric Report 201601

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です