富士電機レポート2016
36/50

Fuji Electric Report 2016352015年度報告 社会事業活動を通して培った「人」と「技術」を活用して、世界の各地域で一人でも多くの社員が参加し、地域の課題解決に貢献することを活動の基本方針としています。重点テーマと2015年度の主な取り組み 次世代育成支援 ・小中高校生向け理科教室 ・教員向け企業研修、理科実技研修 自然環境保護 ・森林保全活動、海洋保全活動 ・清掃活動 東日本大震災被災地復興支援 ・福島県支援(物産購入・子どもの遊び場)事例紹介 自然環境保護活動「サンゴの植え付け」海洋資源を守る タイでは地球温暖化の影響で海水温度が上昇し、「サンゴの白化」によってサンゴ礁が減少しています。富士電機マニュファクチャリング(タイランド)社では、水生動植物の生息環境保護とサンゴ保護の大切さを啓発することを目的に、サンゴの植え付けイベントをチョンブリー県サッタヒープのトエイガムビーチで実施し、社員60名が参加しました。 この活動は、サンゴの植え付けに関する専門家を擁するタイ王国海軍に協力いただき行いました。サンゴの植え付け前には、水生動植物に関する講習と植え付け方のアドバイスを受けました。 参加者は、初めての体験に興味を持って活動し、海洋資源の保護の大切さを学びました。 今後もサンゴを守る活動を継続していく予定です。サンゴの植え付けの様子海軍ダイバーによるサンゴの設置事例紹介 東日本大震災被災地復興「子どもの遊び場」支援福島の子どもたちを元気に 東北復興支援の一環として、福島県郡山市が運営する 屋内遊び場施設「PEP Kids Koriyama」の運営を委託されているNPO法人郡山ペップ子育てネットワークへの支援を実施 しました。 当NPOは、原発事故の影響によって運動不足となり、現在も体力の低下や肥満の問題を抱えた子どもたちに、年間を通じて体を使って遊ぶことができる場を震災直後から継続して提供しています。今回の支援は、開設後4年が経過し、子どもたちの遊びの質を高めるための設備のリニューアルに利用されました。NPOからは改修によって「遊びの範囲が広がり、 子どもたち同士のつながりが深まった」「来場者から大変好評です」とのお言葉をいただきました。 今後も被災地の子どもたちを元気にする新たな活動に取り組んでいきます。PEP Kids Koriyama館内の様子リニューアルした遊具の一部各拠点清掃活動(四国支社)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です