富士電機レポート2016
4/50

Fuji Electric Report 201603 交通インフラの省エネに貢献しますこんなところに富士電機産業・社会インフラ分野でエネルギー・環境課題の解決に貢献します私たちは、創業以来90余年にわたり磨き上げてきたエネルギー・環境技術を駆使し、産業・社会インフラのさまざまなシーンで、お客様に製品・サービスを提供します。パワー半導体 世界最大級のナ・アワ・プルワ地熱発電所 (ニュージーランド) 木曽岬干拓地メガソーラー発電所(三重県)。 中央がパワーコンディショナと受変電設備 鉄道車両向け電力変換装置 当社は、高効率な機器を適用した火力発電プラントから、地熱、水力、太陽光、風力などの再生可能エネルギーを活用した発電施設まで、CO2排出量を抑え、環境に優しいエネルギーの供給を支えるさまざまな技術・製品を提供しています。 地中のマグマに熱せられた蒸気を利用する地熱発電。蒸気タービン・発電機は、世界トップクラスの納入実績を誇ります。太陽光発電や風力発電では、電力の安定供給に欠かせないパワーコンディショナや受変電設備などの主要機器を提供しています。これらの発電プラントにおいては、設備全体の設計から機器の調達、施工まで、プラント建設を一括して請け負えることも当社の強みです。 さらに当社は、次世代エネルギーとして期待される燃料電池を産業用途に展開する、世界でも数少ないメーカーの一つです。クリーンエネルギーの供給発電施設で 交通分野では、安全な走行と省エネに貢献しています。地球温暖化防止の観点から普及が期待される電気自動車では、エンジンやブレーキ、ステアリング制御、モータ駆動などにおけるセンサや電力変換にパワー半導体が使われています。鉄道においては、安全性の高いドア駆動システムや、電力の安定供給を担う電力変換装置などを国内外の車両メーカーに納めています。自動車・鉄道の安全と省エネ発電施設で交通分野で工場で交通分野で

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です