富士電機レポート2016
5/50

Fuji Electric Report 201604 商品を冷やしたり、温めたりするのは当社の得意技術。国内トップシェアを誇る自動販売機、コンビニエンスストアやスーパーマーケットのショーケースに適用され、消費電力を抑え、最適な温度管理を実現します。さらに、カップ自動販売機の技術を応用したコーヒーマシンやレジの自動釣銭機なども、小売店舗向けの商材としてラインアップしています。UPS 青森県六ヶ所村のデータセンター。 手前が空調ユニット  多くの電力を必要とするデータセンターでは、停電や電圧低下から施設を守る無停電電源装置(UPS)や、サーバを効率的に冷却する空調ユニットなどを提供しています。さらに、それらの機器を組み合わせ、データセンター全体の施工を行います。コンビニエンスストアの店舗建設で培った施工技術を活かし、通常の建築工法に比べて大幅な工期短縮を実現します。電力の安定化と省エネデータセンターでインバータモータPLCセンサ 自動化・省力化が進む工場では、あらゆる電気設備に必要なモータと、それをできるだけ少ない電力で動かすためのインバータやプログラマブルコントローラ(PLC)、さらに、生産活動で生じる温度や圧力などを計測し「見える化」するセンサと、それらの情報を取り込み工場全体のエネルギーを最適制御するシステムなどを提供しています。現在、工場で磨き上げたこれらの技術を、植物工場や要冷物流など新分野への適用を開始しています。生産性向上・省エネ スーパーマーケットのショーケース 省エネ型自動販売機冷熱技術で最適な温度管理小売店舗でデータセンターで小売店舗で お客様設備の生産性向上や省エネを支援します 北海道苫小牧市の植物工場「苫東ファーム」工場で

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です