富士電機株式会社

IoTシステムソリューション

  • パワエレ
  • エネルギーソリューション
  • エネルギーマネジメント

受配電盤ソリューション

盤内のあらゆる計測信号をネットワーク化することで40%のトータルコストを削減

この様な課題の解決に

  • 盤設計から運用までのトータルコストの削減
  • 機器故障、トリップなどによる突発的な設備停止(停電)の防止
  • 受配電設備の運用、メンテナンスの最適化による省人化

導入メリット

  • ネットワーク対応機器で高圧盤や低圧盤内のI/O信号を大幅に削減可能
  • リレー試験ナビ機能で各種保護機能試験が容易
  • 異常や故障の「傾向」を検知でき、保守点検の優先順位付けが可能
  • システム設計から運用までのトータルコスト約40%削減

特長

Modbus通信方式導入により、各機器の信号線を一本化。保守・点検作業が簡単になります。

効果

主なコストダウン内容

  • ■工事費削減(配線本数の提言低減)
  • ■RS盤の小型化(自立型→壁掛け盤)
  • ■リレー試験によりメンテナンスをサポート
    (F-MPC60Gリレー試験ナビ)

コスト比較

項目 従来のI/O方式 Modbus通信方式
導入費用 工事・RS盤・エンジニア費のウェイトが高い 左記を大幅に削減し、トータルでコストダウン
運用監視 状態監視が中心のため巡回が必要 計測情報によるきめ細かな管理で日々巡回を不要に
メンテ
ナンス
事後保全となることが多い。異常個所の特定が困難 予防保全により突発トラブルを回避。異常個所の特定が可能
システム
拡張
追加配線工事のウェイトが高い 左記のウェイトが低く、全体費用を抑制
ページの先頭へ戻る