富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 密閉型高電圧コンタクタ

密閉型高電圧コンタクタ

  • 事業部門・生産技術部門
  • 器具
  • 安全・安心
  • 接点部密閉構造による小形、高遮断性能
  • 独自の接点構造による高過電流耐量と正逆同一遮断性能

直流配電システムや電気自動車の普及が進む中,需要が増加している直流回路用のコンタクタは,小型化および安全性と接触信頼性の向上が強く求められている。 開発した密閉型高電圧コンタクタは、遮断用ガスを封入した密閉カプセル内に接点部を配置したので,遮断性能が向上し,小型化と高接触信頼性が実現しました。

事故や不具合等により電路が短絡し過電流が生じても、接点接触状態を保持する独自の接点部構造により,業界最高の2万アンペアの過電流耐量を実現し、発火や破裂のリスクを大幅に低減します。また、主回路の無極性化と正逆両方向の同一遮断性能を実現しました。

外観

F1<(F2+P)

P :接点接触圧力
F1:接点接触部に発生する電磁反発力
F2:可動接点に作用する平行導体部の電磁力

接点部構造と大電流通電時の接点接触状態保持原理

永久磁石によるアーク駆動方向制御

キーワード

  • 無極性直流遮断

トピックス

  • 2017年5月24日 プレスリリース「密閉型高電圧コンタクタ」の発売
  • 2017年5月25日 日刊工業新聞(10面)、電気新聞(4面)
  • 2017年5月30日 日経産業新聞(20面)
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.