富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発の取り組み > 研究開発テーマ > 高速ハイブリッドモジュール

高速ハイブリッドモジュール

  • 事業部門・生産技術部門
  • 電子デバイス
  • 省エネ
  • 十分な短絡耐量の高速IGBT
  • 低損失なSiC-SBD
  • 現行互換パッケージ

インバータに代表される電力変換装置のさらなる小型化と高効率化をするため、20kHz以上の高い周波数領域で電力変換を行う需要が多くなっている。
そこで、素子が耐えられる十分な短絡耐量を持ち、高周波数領域で低損失な高速IGBTとSiC-SBDを組み合わせた高速ハイブリッドモジュールを開発しています。
この高速ハイブリッドモジュールは、従来のハイブリッドモジュールよりも10kHz以上の発生損失が低くなり、20kHz以上の高速インバータ動作を実現します。

高速ハイブリッドモジュールの主な用途

損失シミュレーション結果

損失シミュレーション結果

製品ラインナップ

製品開発ラインナップ

キーワード

  • SiCデバイス
  • 高速ハイブリッドモジュール
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.