富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

宝永プラスチックス

会社概要

宝永プラスチックス株式会社

会社名 宝永プラスチックス株式会社
設立 昭和52年8月
資本金 7,000万円
役員
代表取締役社長 米津 文二郎
取締役 松浦 秀昭
取締役 山本 直樹
監査役 西澤 知樹
         
         
従業員数 100名
面積 6,300m2
営業内容 射出成形加工・試作品成形加工・NCトリミング加工・成形品印刷&組立
主な納入先 富士電機株式会社・古河AS株式会社
東北電力株式会社・総和産業株式会社
取引銀行 百五銀行 四日市支店

沿革

昭和21年12月 富士電機(株)と宇部興産(株)の合弁会社として『明和化成(株)』を設立
昭和38年12月 四日市市に『明和化成(株)四日市工場』を新設し、家電部品の生産開始
昭和39年11月 『旧・宝永プラスチックス(株)四日市工場』に名称変更
昭和45年1月 自販機用部品の生産開始
昭和48年11月 工場を現在地に移転し『旧・宝永プラスチックス(株)鈴鹿工場』と名称変更
昭和52年8月 旧・宝永プラスチックスを分離独立し、『宝永プラスチックス(株)』を現在地に設立
昭和54年9月 自動車関連部品の生産開始
昭和60年12月 インバ−タ関連部品の生産開始
昭和61年8月 自販機用プラスチックシ−トの成形加工開始
平成2年7月 宝永プラスチックス(株)取引先協力会 「宝友会」 発足
平成2年8月 自動車電装関連プラスチック部品の生産開始
平成8年9月 プラスチック加工を業務拡大し、通過関連機器用部品の組立加工開始
平成9年1月 空調完備の金型保管倉庫を新設
平成14年11月 シート工場に中2階増設し、自販機メック組立生産開始
平成15年9月 パット印刷、マーキングの設備導入し、営業品目を拡大
平成16年10月 ガスインジェクションの設備導入し、新規営業活動を開始
平成16年12月 品質の国際規格ISO9001認証取得し、品質管理を強化
平成17年10月 成形機100トン、150トンの更新で成形品質を向上
平成17年12月 環境の国際規格ISO14001(2004年版)認証取得
平成18年11月 品質、環境の統合ISOを取得計画
平成19年12月 美観スリム成形(コアバック)の開発
平成20年12月 富士電機リテイルシステムズ(株)三重工場へ移転

組織図

組織図

←前へ戻る ▲このページのトップへ戻る  
お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
Copyright© Fuji Electric Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.