富士電機株式会社

トレーニング コース案内/申込方法

システムの運用方法が学べるトレーニングを開催しています。
導入効果を発揮するための知識とスキルがここで習得できます。

コース名一覧

コース名 MICREX-NX入門

内容

  • MICREX-NX(情報・プロセス制御システム)の概要
  • システム構成、ハードウェア、オペレーションの概要
  • ソフトウェアエンジニアリングの概要
  • 実習中心の入門コースです。(実習では、NXシステムV8.0を使用します。)

効果

  • オペレーション業務の遂行スキルを習得
  • システムエンジニアリング、ソフトウェアの基礎知識を習得

対象者

  • MICREX-NXの知識と運用スキルを習得されたい方。 (予備知識:Windowsの基本操作ができる方)

カリキュラム

  第一日(9:00~17:00) 第二日(9:00~17:00) 第三日(9:00~16:00)
午前 システム概要
実習システム構成
<課題実習>
ASエンジニアリング
<課題実習>
OSエンジニアリング
午後 オペレーション
エンジニアリング概要
ASエンジニアリング Plant Hierarchyのコピー
プロジェクト動作確認

スケジュール

  • 2020年度のトレーニングは下記の日程を予定しております。
第1回 2020年05月26日(火)~28日(木)
第2回 2020年12月08日(火)~10日(木)

コース名 MICREX-NXメンテナンス

内容

  • MICREX-NX(情報・プロセス制御システム)のメンテナンス方法
  • メンテナンスに伴い最低限必要なオペレーション、エンジニアリング学習
  • 各種バックアップ方法および故障の確認、ハードウェアの交換方法
  • 本講習の第一日目のカリキュラムには前述の「MICREX-NX入門」および後述の「MICREX-NX総合」の一部と同じ内容が含まれています。

効果

  • MICREX-NXメンテナンスの基礎的な知識・業務遂行能力の習得

対象者

  • MICREX-NXのメンテナンスを担当する方。 (予備知識:Windowsの基本操作ができる方)

カリキュラム

  第一日(9:00~17:00) 第二日(9:00~17:00)
午前 システム概要
オペレーション概要
バックアップと復元
システムの停止と起動
故障表示
午後 エンジニアリング概要 ESにおける故障診断
ハードウェア交換

スケジュール

  • 2020年度のトレーニングは下記の日程を予定しております。
第1回 2020年08月19日(水)~20日(木)
第2回 2021年01月27日(水)~28日(木)

コース名 MICREX-NX総合

内容

  • MICREX-NX(情報・プロセス制御システム)の概要
  • システム構成、ハードウェア、オペレーションの概要
  • ソフトウェアエンジニアリングの概要
  • MICREX-NXメンテナンスの概要
  • 実習中心の入門コースです。
  • 本講習のカリキュラムには、前述の「MICREX-NX入門」および「MICREX-NXメンテナンス」と同じ内容が含まれています。

効果

  • MICREX-NXのシステム構成の理解
  • オペレーション業務の遂行
  • システムエンジニアリング、ソフトウェアの基礎知識の習得
  • MICREX-NXメンテナンスの基礎知識の習得

対象者

  • MICREX-NX を習得したい方。
  • MICREX-NXのメンテナンスを担当する方。 (予備知識:Windowsの基本操作ができる方)

カリキュラム

  第一日(9:00~17:00) 第二日(9:00~17:00) 第三日(9:00~17:00) 第四日(9:00~17:00)
午前 システム概要
実習システム構成
<課題実習>
ASエンジニアリング
<課題実習>
OSエンジニアリング
バックアップと復元
システムの停止と起動
故障表示
午後 オペレーション
エンジニアリング概要
ASエンジニアリング Plant Hierarchyのコピー
プロジェクト動作確認
ESにおける故障診断
ハードウェア交換

スケジュール

  • 2020年度のトレーニングは下記の日程を予定しております。
第1回 2020年06月23日(火)~26日(金)
第2回 2021年01月19日(火)~22日(金)

申込み方法

ダウンロードした申込用紙に

  • 営業担当部署
  • 受講コース、受講者、受講料
  • 宿泊予約要否

上記の各必要事項を記載の上、富士電機営業経由でお申し込み下さい。

  • 講座開催場所
    191-8502 東京都日野市富士町1番地
    富士電機能力開発センター

ページの先頭へ戻る