富士電機株式会社

サイトメニュー

MICREX-SXシリーズ CPU モジュール SPH5000M

張性超高速多軸制御から情報の複合制御まで、CPU1台で自由自在な装置の拡張が可能。

1台のCPUモジュールで2台分のアプリを実行

従来(2台分)のPLCアプリを新開発マルチコアプラットフォームで並列同時実行できます。

1つのコントローラとして複合制御を統合化

制御対象の規模や必要な機能・性能に合わせて最適なコントローラを構成可能です。
また、必要に応じて自在な拡張ができるため開発コストやシステムコストの低減が実現できます。

処理性能の大幅向上

換性機能・性能の大幅な向上に加え、高い互換性により既存のハードウェアやソフトウェアの資産活用を実現。

ハードウェア・ソフトウェアとも再活用可能

SX 共通のExpert/Standard アプリを再利用できます。
また、SPH 共通の電源、I/O、機能、通信モジュールも使用でき
既存システムの置き換え・拡張が容易です。

頼性お客様の装置の安定稼働を実現する機能を強化しリスクを低減、信頼性の高いシステム構築に貢献。

電池レスバックアップ

電池レス保持メモリ機能により、リテインメモリやRAS 情報のデータバックアップが可能です。
メンテナンスの際の定期的な電池交換が不要になります。

サンプリングトレース

サンプリングトレースの高機能化により、開発時やシステム稼働時の問題を素早く解決できます。

  • アプリ実行周期に影響を与えないデータ収集
  • 10 回分のデータを連続収集
  • 最大64 点の同時トレース可能

E-SX BUS COMMUNICATION超高速で高精度な同期通信、大容量のデータ転送などを実現した複合型モーション制御バス。

E-SXバスとSXバスの機能・性能比較

機能・性能SPH3000(D)SPH5000M/H/3000MM/MG/
システムバスSXバスSXバスE-SXバス
直結I/O容量512word512word4096word
リフレッシュ性能128word/ms128word/ms2048word/ms
伝送速度25Mbps25Mbps100Mbps
タクトぶれ100µs100µs±1µs以下
局間同期なしなしあり(±1µs 以下)
距離(局間/総延長)25m/25m25m/25m100m/1km
断線継続運転(ループバック)なしなしあり
  • 直結I/O容量
  • 伝送速度
  • リフレッシュ性能
  • タクト精度
  • 距離 局間
  • 総距離

E-SXバスの同期制御

バス内同期

E-SXバス内のデータ出力タイミングが同期します。

同期性能プラスマイナス1µS以下

バス間同期

E-SXバスのチャネル間データ出力タイミングが同期します。

同期性能プラスマイナス3µS以下

E-SXバスの接続機能

ループバック機能

信号リピーター機能により、断線をしても通信を継続します。

信号バイパス機能

電源が未投入の機器があっても電源補助ユニットにより、通信を継続します。

システム構成例

SPH5000Mは、汎用ネットワークとしてギガビット・イーサネット(1000BASE-T)、フィールドバスとして、E-SXバス・SXバスに対応しています。
大容量のデータ通信が必要な用途から、高速・高精度なモーションネットワークの構築まで、1台で柔軟なネットワークを構成することができます。

適用例高速・高精度な制御が求められるあらゆるシーンに。

CASE01 印刷機

CASE02 圧延ライン

プログラミング支援ツール開発スタイルに応じた2種類のプログラミング支援ツール SX-Programmer

国際規格 IEC61131-3(JIS B 3503)に準拠したWindows対応のプログラミング支援ツールです。

性能仕様

形式 NP1PA1-096E NP1PA1-128E NP1PA1-256E NP1PA1-512E
実行制御方式 ストアードプログラム
デフォルト/定周期/イベントの3種類のタスクを使用可能
入出力接続方式 直結入出力方式(SXバス、E-SXバス)
入出力制御方式 SXバス上 : SXバスタクト同期リフレッシュまたはCPUモジュールによる定周期リフレッシュ
リモートI/Oリンク上 : リモートマスタによる定周期リフレッシュ(スキャンに非同期)
E-SXバス上 : E-SXバスタクト同期リフレッシュまたはCPUモジュールによる定周期リフレッシュ
タスクの同期バス指定 SXバス上またはE-SXバスのどちらか一方をタスクの同期バスに指定
CPU 32ビットRISCプロセッサ、デュアルコア
プログラミング言語 IL、ST、LD、FBD、SFC、IEC61131-3準拠( JIS B 3503)
命令実行時間 シーケンス命令 4ns~/命令
応用命令 LD WORD 0.9ns~/命令、ADD UDINT 4ns~/命令
メモリ容量 プログラムメモリ
(2つのアプリ制御部で共有)
96Kstep 128Kstep 256Kstep 512Kstep
データメモリ ※ 最大1,840Kword 最大3,184Kword 最大6,144Kword
ZIPファイル 最大128Kbyte(4Kbyte×2アプリ制御部)
入出力点数 SXバス 512word(最大8,192点)
E-SXバス 4,096word(最大65,536点)
最小タクト周期 SXバス 1ms
E-SXバス 0.25ms(バス接続)0.5ms(ループ接続)
モーション性能 シングルCPUシステム:1台構成 4軸/0.25ms、16軸/0.5ms、32軸/1ms
マルチCPUシステム:3台構成 12軸/0.25ms、48軸/0.5ms、96軸/1ms
E-SXバス 伝送速度 100Mbps
接続形態 バス接続、またはループ接続を指定可能
EPバス 伝送速度 5Gbps
アクセス性能 0.15μs/word(他局メモリ 1ワードライト時)
0.04μs/word(他局メモリ 16ワードライト時)
Ethernetポート 1Gbps:1000BASE-T 1ポート
USBポート 480Mbps:USB2.0 1ポート
ユーザROM SDメモリカード、SDHCメモリカード
メモリバックアップ 不揮発メモリによるバッテリレスバックアップ、およびカレンダーICのバッテリバックアップ
バッテリ(NP8B-BT)はオプション
使用可能なデータ形 基本データ形:BOOL、INT、UINT、DINT、UDINT、REAL、TIME、DATE、TOD、DT、STRING、WORD、DWORD
データ形のネスティング 1段 配列の配列、配列の構造体、構造体の配列、構造体の構造体
構造体データ型の要素数 200
配列データの要素数 16ビット長データ形 : 32,768個、32ビット長データ形 : 16,384個
タスク本数 デフォルトタスク(サイクリックスキャン):1本
定周期タスク:4本
イベントタスク:4本
定周期、イベントタスクは、合計最大4本

※ 2つのアプリ制御部で共有可能な領域とアプリ制御部ごとに使用可能な領域の合計値です。

ラインアップ

品名 形式
(商品コード)
仕様・名称 希望小売価格
CPU
モジュール
SPH
5000M
NP1PA1-096E プログラムメモリ
96Kstep
ユーザROM/USB/Ethernet対応
最大入出力点数73,728点
E-SXバスポート1系統
メンテナンス用RS-422ポート1系統
付属品:
取扱説明書、
SXバス折り返しプラグ2個、
ドライバ
(CPU番号設定用)、
電池ホルダ
シーケンス
命令4ns~
オープン
NP1PA1-128E プログラムメモリ128Kstep
NP1PA1-256E プログラムメモリ256Kstep
NP1PA1-512E プログラムメモリ512Kstep
EPバス対応
ベースボード
NP1BE-06 6スロット用 プロセッサバス:3スロット
SPH5000M対応スロット数:3スロット
付属品:
ベースボード、
取り付け金具
NP1BE-08 8スロット用
NP1BE-11 11スロット用
NP1BE-13 13スロット用
NP1BX-13 13スロット用 プロセッサバス:10スロット
SPH5000M対応スロット数:3スロット
大容量電源モジュール NP1S-22S 入力:AC100~240V,出力:70W 付属品:
ALM接点用コネクタ
54,000
NP1S-62S 入力:DC110V,出力:70W 54,000