富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ミニUPSオンサイト保守サービス

エンジニアによる安心サポート!

ミニUPSオンサイト保守サービス

  • エンジニアによる訪問修理、バッテリ寿命による交換
  • 4年以上のサービスはバッテリ寿命前に予防交換を実施

富士電機ミニUPSオンサイト保守サービスとは?

UPSのトラブル相談を、「富士電機UPSサポートデスク」で受け付けます。

ご連絡の内容から対象機器を判別し、UPSの場合はエンジニアがお客様を訪問し、UPSやバッテリを交換します。バッテリ寿命による交換も料金に含まれます。なお、4年以上のサービスではバッテリ寿命前に予防交換します。

UPSのトラブル相談イメージ画像

※1 土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律で定める休日および12月29日から1月3日までは除きます。

※2 サービス時間終了までの時間が2時間未満の電話受付、交通事情、天候、その他の条件により翌々営業日以後となる場合があります。

お問合せ窓口

富士電機UPSサポートデスク
(連絡先はサービスご購入時にお知らせします。)

サービス期間

3年/4年/5年/7年(製品保証期間を含みます。)
※4年以上のサービスでは、バッテリ寿命前に予防交換します

サービス期間図

※サービスの開始・終了

  • UPS本体と同時にサービスを購入する場合
    サービス開始の前月20日(20日が祝祭日など弊社の休業日の場合は次の営業日)までに申請書をご提出ください。
    翌月1日からサービスを開始します。ご提出が前月20日に間に合わない場合や、翌月1日以外のサービス開始日をご希望される場合、UPS到着と同時にサービス開始をご希望される場合などにつきましては、別途ご相談ください。
  • UPS使用開始後に本サービスを購入する場合
    UPSをご購入後、1年以内であれば本サービスをご購入になれますが、サービスの終了時期はUPS本体の保証開始を基準にします。そのため、サービスの購入が遅れると、ご利用可能なサービス期間が短くなります。
    サービス期間を有効にご利用していただくためにも、UPS本体と同時にご購入していただくことをお勧めします。

対象地域

日本全国(離島を除く)

下記UPSのうち新規ご購入品を対象とします。過去に販売したUPSや、新規ご購入後1年を超えるUPSにつきましては、別途ご相談ください。

対象UPS
  • EX100シリーズ(1000VA、1100VA、1500VA、2400VA)
  • DL5115シリーズ(500VA、750VA、1000VA、1200VA)
  • UX100シリーズ(500VA、750VA、1000VA)

サービスのご購入方法

富士ミニUPSオンサイト保守サービス申請書に必要な項目をご記入のうえ、販売店様または弊社営業へご注文ください。

「富士ミニUPSオンサイト保守サービス申請書」ダウンロード

富士ミニUPSオンサイト保守サービス型式一覧

富士ミニUPSオンサイト保守サービス型式一覧はこちら

注意事項

●適用除外
以下の各項目に該当する場合は本サービスの範囲外であり、弊社は本サービスを提供する義務を負いません。

  1. (1)地震、風水害、火災、雷など天災地変、戦争、暴動、その他の不可抗力。
  2. (2)誤操作、乱用、不注意な取扱い。
  3. (3)対象装置の改造、分解、構成変更など。
  4. (4)放射線管理区域、2m以上の高所など危険を伴う場所に設置された場合。その他、対象装置に定められた環境、接続条件以外での使用。
  5. (5)対象装置に定められた規格品以外の消耗品、付属品、機器、構成部品の使用。
  6. (6)対象装置の障害その他の理由により破壊されたソフトウエアまたはデータ等(以下併せて「データ等」という)の修復。

※弊社が正常な使用には適切でないと判断し、ご使用者に通知した対象装置は、本サービスから除外されるものとします。

●修理に関する内容

  1. (1)不具合時は、同等品との入れ替えになります。
  2. (2)同等品と入替えた場合、不具合品は弊社で処分いたしますので、ご返却はいたしません。

●割増し料金の発生

  1. 以下の各項目に該当する場合、割増料金が発生することがあります。 事前に弊社営業担当までご相談ください。
  2. (1)ラック内25U以上の高所に取付の場合。
  3. (2)弊社エンジニアが訪問時に、申請書の記載とは異なる場所に移設・撤去されていた場合。

●延長サービス

  1. 「6か月延長」「1年延長」は3年~5年のサービスに対し、いずれか1回のみご利用できます。7年サービスはUPS本体の寿命を超えるため延長できません。
ページの先頭へ戻る