富士電機株式会社

クリーンエネルギー
導入事例

太陽光発電EPCシステム

CO2削減量 945t-CO2/年

導入事例

富士電機マニュファク
チャリング(タイランド)社

消費電力と連動させた発電制御を実現

富士電機の海外向けパワーコンディショナ(小規模〜メガソーラー3タイプ)を使用した自家消費型の太陽光発電システムを、実稼働システムの展示と省エネ・クリーンエネルギー化を狙いとしてタイ工場の屋根に設置・稼働しています。自家消費型の太陽光発電の課題である消費電力変動による発電機会ロスを最小化するため、消費電力と連動させた発電制御を実現しています。ピーク時には電力自給率95%以上を達成しています。

※効果算出条件 出力1.5MW、タイの2017年度電力係数0.4726kg/kWh により算出

CO2削減量 945t-CO2/年

CO2削減量 59.864t-CO2/年

導入事例

すずらん釧路町
太陽光発電所

発電量変動を抑制し
電力の安定供給を実現

富士電機は、メガソーラーに蓄電池を併設し、出力の変動制御をすることで、北海道電力管内で求められる“1分間で1%以内の変動に抑える”という高い基準をクリアし、電力の安定供給を実現しています。また、多雪、軟弱地盤地域に、EPCノウハウにより短納期で蓄電池併設型として国内最大級メガソーラー発電所の建設を実現しました。

※効果算出条件 出力92MW

CO2削減量 59.864t-CO2/年

ページの先頭へ戻る