富士電機株式会社

製品ライフサイクルに
おける環境貢献

環境に配慮した
ものつくりを推進しています。

原材料の選択から小さな部品一つひとつにいたるまで、
環境への影響を考慮した製品を提供しています。

環境ビジョン2050で掲げた「循環型社会の実現」に向けて、「環境配慮設計基準」に基づいた、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を実現する製品設計に力を入れています。富士電機は、製品ライフサイクル全体における製品の環境負荷を低減することで、お客様の環境課題解決に貢献します。

Reduce発生抑制

  • 製品に使われる原料の省資源化
  • 製品の使用に伴う省資源化
  • 製品の長寿命化による省資源化

Reuse再利用

  • 機種横断的および時系列的な部品の
    共通化を考慮した設計計画の推進

Recycle再資源化

  • 使用済み製品から材料を再利用する
    マテリアルリサイクルの推進

導入事例

環境配慮型配電盤

従来の配電盤の設計思想を環境の観点から見直しました。有害物質の使用抑制、再資源化、低消費電力化、廃棄時の注意事項の公開など、さまざまな配慮が盛り込まれています。

環境配慮項目 環境配慮適用事項 環境配慮項目実施例
Reduce
(発生抑制)
製品に使用する資源の減量化
有害物質使用抑制
非塩ビ材質使用によるハロゲンフリー化(①③④⑨⑩⑬)
把手にクロムメッキレス使用(⑧)
鉛フリーはんだ適用機器使用(⑬)
Reuse(再利用) 使用済み製品から回収した部材の再使用 リベットファスナ構造の筐体では柱・側板の再利用が可能(⑪)
Recycle
(再資源化)
資源としての回収利用を考慮した部品・材料・構造 プラスチックの分別処理銘板を表示(②)
筐体には解体容易なリベットファスナ構造を適用(⑪)
マテリアルリサイクルに適した材料の使用 銅再利用が容易なエコ電線を使用(③)
省電力 製品使用・運転時の消費電力削減 省電力タイプの機器・部材の採用(⑥⑦⑫)
情報公開 環境ラベルによる提供情報の理解容易性の徹底 環境ラベル(タイプⅡ)※貼付(⑤)
盤製作仕様書に製品廃棄時の処理情報および注意事項を記載

環境配慮項目実施例

効率的な店舗の図 効率的な店舗の図
  • 集合形配電監視
    ユニット(省エネ)

  • エコ電線、エコダクト、保護カバー

  • 塩ビ代替材料の
    ふさぎ板

  • 製品適用事例
    (ELB漏電遮断器)

  • 鉛フリーはんだ
    適用機器

ECO-PRODUCTS Fuji Electric Group

※タイプⅡ環境ラベルは企業が独自の基準により、製品の環境主張を宣言するものです。
当社では独自に制定した「環境マーク」を適応製品に貼布することにより、製造・使用・
廃棄の各シーンにおける環境への配慮を示しています。

ページの先頭へ戻る