富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > IH式アルミ溶解保持炉の販売開始について

ニュースリリース

2011年3月10日
富士電機ホールディングス株式会社

IH式アルミ溶解保持炉の販売開始について
〜高い省エネルギー性を実現〜

   富士電機ホールディングス株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)傘下の中核事業会社である富士電機システムズ株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:白倉三コ)は、中部電力株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長:水野明久)と共同で、「IH式アルミ溶解保持炉」を開発いたしました。

  自動車部品などを製造するアルミ鋳造工場では、鉄製ルツボ(鉄釜)に溶かしたアルミを入れて加熱し、必要な温度に保持しておき、少しずつくみ出して金型に流し込み、部品の成型を行います。 現在は、ガス燃焼方式(バーナ)で鉄製ルツボを加熱することが主流ですが、これらの工場ではCO2の削減を含めエネルギー使用量の低減が急務であること、高品質な部品の成型のため保持温度をきめ細かく制御すること、また、高温の排ガスによる工場内温度の上昇に伴う作業環境を改善することなどが求められています。
   本開発品は、鉄製ルツボの周囲に設置したコイルに交流電流を流して、電磁誘導の作用により発熱させるIH方式を採用しました。 IH方式のためガス燃焼方式特有の排ガスによる熱損失がなく、1次エネルギー換算で約22%の省エネルギーを達成しております。
  また、IH加熱方式はバーナ加熱方式に比べ、電気の特徴であるきめ細やかな温度制御(PID制御)が可能です。
  さらに、ガスを使用しないため、高温の排ガスの発生が無く工場内温度上昇が抑えられ、作業環境を大幅に改善することができます。
1.IH式アルミ溶解保持炉の主な特長
(1) 高い省エネルギー性能
  IH方式により鉄製ルツボを加熱するため排ガスによる熱損失がなく、ガス加熱と比べ1次エネルギー換算値で約22%の省エネルギーを達成しています。
(2) 優れた温度制御性
  PID制御を用いたIH加熱のため、設定温度±1.0℃のきめ細かな温度制御が可能で温度変動に対しても良好な追従性があります。
(3) 作業環境の大幅な改善
  工場内に高温の排ガスが発生しないため、工場内温度の上昇が抑えられます。
※) PID制御: 比例制御(Proportional Control)、積分制御(Integral Control)、
  微分制御(Derivative Control)を組み合わせて設定値に収束させる制御のこと

2.初年度販売目標台数
20台
富士電機システムズ株式会社と富士電機ホールディングス株式会社との統合により、本製品は4月より富士電機株式会社から販売開始致します。


【IH式アルミ溶解保持炉の開発概要】
1. 仕様
開発品の仕様
加熱方法 IH加熱
アルミ保持重量 200kg
保持温度 660〜720℃
制御方式 PID制御(湯温の比例制御)
定格電圧・出力 AC220V・20kW
溶解時電力 20kW
保温時電力 12kW
炉体寸法(mm) 幅×奥行き 1200×1200
高さ 1360
制御盤寸法(mm) 幅×奥行き 1100×400
高さ 1100
重量(kg) 炉体 1200
制御盤 150

IH式アルミ溶解保持炉外観 IH式アルミ溶解保持炉構造
IH式アルミ溶解保持炉外観 IH式アルミ溶解保持炉構造


2. 特長
(1) 高い省エネルギー性能
  ガス燃焼方式アルミ溶解保持炉に対してIH方式アルミ溶解保持炉は、ガス燃焼方式特有の排ガスによる熱損失もなく、直接鉄製ルツボに熱伝達できるため、効率的に加熱することが可能で、操業条件にもよりますが1次エネルギー換算で約22%の省エネルギーを達成しています。
(2) 優れた温度制御性
  ガス燃焼方式アルミ溶解保持炉の温度制御性が±5.0℃に対して、IH式アルミ溶解保持炉の温度制御性は±1.0℃の性能があります。
(3) 作業環境の大幅な改善
  IH式アルミ溶解保持炉は、IH加熱のため、ガス燃焼方式アルミ溶解保持炉のように高温(600℃〜1000℃)の排ガスの発生がありません。 よって、炉周辺の温度が上昇しませんので作業環境が大幅に改善されます。

保持炉性能比較(1時間操業で比較)
 
IH方式
ガス燃焼方式
アルミ保持重量
200kg
保持温度
670℃
制御方式
PID制御
オン−オフ制御
消費電力
12kWh
消費ガス量
1.3Nm3(ブタン)
一次エネルギー消費量1)
117MJ
(78%)
151MJ
(100%)
CO2排出量2)
5.00kg/h
(46%)
10.92kg/h
(100%)
※1) 一次エネルギー換算値
電力1kWhにつき、9.76MJ、ガス(10%プロパン混合ブタン)1Nm3につき、113.2MJ
※2) CO2排出量原単位
電力1kWhにつき、0.417kg-CO2(事業者別排出係数等一覧H22/12/27環境省発表資料)
ガス(混合ガス)1Nm3につき、8.13kg-CO2(日本LPガス協会HPより計算)

【お客様問合せ先】
富士電機システムズ株式会社
中部支社 第二営業部
tel:052-746-1016



以  上






ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.