富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > ワークフローパッケージ『ExchangeUSE Ver.10 L20...

ニュースリリース

2011年8月12日
富士電機株式会社

ワークフローパッケージ
『ExchangeUSE Ver.10 L20』の発売について

   富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、旅費精算、経費精算、勤怠集計などのワークフローの統合・管理を実現したパッケージソフトウェア『ExchangeUSE Ver.10 L20』を発売致します。

  企業の定型業務である、旅費精算や経費精算、勤務管理、購買などの申請・承認・決裁業務においては、WEB上で簡単な処理ができるワークフローソフトウェアが多くの企業で導入されておりますが、従来は、各業務により個別の処理がされており、業務間の連携はなされていないのが大半でした。
   また、そのための業務間の連携を図るためには、基幹システムの改造が必要となり、多くの時間とコストが発生します。
   このたび発売する「ExchangeUSE Ver10 L20」は、基幹システムの改造を要せず、ワークフローパッケージから、基幹システムに指示を与えることにより、申請・承認・決裁などの業務プロセス間の連携を図り、企業内のワークフローの統合・管理を実現できるようにバージョンアップした製品となっています。

   当社は、「ExchangeUSE」シリーズをこれまで1500社以上に納入しており、ワークフローパッケージソフトウェアの分野では、豊富な実績を有しています。
   これからも、ワークフローシステムの構築を通じ、ERPフロントとして、お客様の業務の効率化に寄与します。

※ERP(Enterprise Resorce Planning):
企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るためのITシステムやソフトウェア

1.特長
(1) 業務プロセス管理 : 複数の業務プロセスを一括管理。業務全体の見える化を実現
(2) 複数世代管理の実現 : 業務に合わせた組織変更・人事異動の適用
(3) 部門宛先先指定の実現 : 担当する部門を宛先として指定可能(業界初)
(4) 期日アラート管理 : 納期延長/納期予告を一目で把握可能
(5) 多言語対応 : 日本企業の海外進出をサポート(英語/中国語)
(6) スマートフォン対応 : 外出の多い承認者も外出先から承認が可能(オプション)

2.製品名
ExchangeUSE V10
※製品サイト:http://www.exchangeuse.com

3.発売時期
2011年8月12日

4.販売価格
100クライアントライセンス : 700,000円(税込 735,000円)
1000クライアントライセンス : 5,250,000円(税込 5,512,500円)
CPUライセンス : 4,000,000円(税込 4,200,000円)

5.販売目標
200社 10万ライセンス

6.動作環境
ワークフローサーバ
OS Microsoft Windows Server 2008 R2
WEB Internet Information Services 7.5
データベース Microsoft SQL Server 2008 R2 (Workgroup / Standard / Enterprise)
Oracle11g R2 (Standard Edition ONE/Standard/Enterprise)
クライアント
OS Microsoft Windows XP※1 / Vista / 7
WEB Internet Explorer 6.0 / 7.0 / 8.0
※1: 32bit版のみサポート/SP3以降サポート

【商標について】
1 Microsoft 、Windows 、SQLServerは米国MicrosoftCorporationの米国及びその他国における登録商標です。
2 記載されているシステム名、製品名等には必ずしも商標表示(TM、R)を付記しておりません。
3 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【製品画面イメージ】
製品画面イメージ



【お客様問合せ先】
富士電機株式会社
社会システム事業本部 社会情報システム事業部
第一システム技術部 食流通第一グループ
tel:042-585-6267



以  上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.