富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 空調・水処理システム専用インバータ「FRENIC-HVAC/AQUA」の発売に...

ニュースリリース

2012年1月13日
富士電機株式会社

空調・水処理システム専用インバータ「FRENIC-HVAC/AQUA」の発売について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、「FRENIC-HVAC/AQUA」を発売しますのでお知らせ致します。

 

1.製品発売の背景

  空調・水処理用のインバータは、世界インバータ市場の約20%を占めるとされています。特に成長著しいインドやASEANなどのアジア諸国では、空調・水処理インフラの増加に電力供給が追いつかず、ファン・ポンプのインバータ制御による省エネが急速に進んでいます。
  この度、発売する「FRENIC-HVAC(空調用)」・「FRENIC-AQUA(水処理システム用)」は、アジアや欧州市場の主流である壁取付け可能なスリムタイプ設計と空調機や給・排水設備のファン・ポンプ独自に要求される機能を標準搭載した専用機となります。
   これにより、アジアや欧州を中心に積極的な展開を図るとともに、低炭素社会の実現に貢献します。

 

2.特長
(1) 空調・ポンプ制御の専用機能搭載
  • 温度センサ、調節計などの入力インターフェースを標準装備し、空調・水処理システム専用の外部環境を取り込んだ4PID制御によるファン・ポンプの最適制御が可能
(2) 防塵・防水構造に対応
  • IEC規格IP55に対応し、別途防塵・防水対策用不要
(3) ノイズ・高調波抑制対策標準装備
  • EMCフィルタ、直流リアクトルを内蔵し、ノイズや高調波を抑制
(4) 多言語対応の便利な操作パネル
  • 操作パネルは英語、中国語など19ヶ国語に対応し、カスタマイズ言語も対応可能
(5) 壁取り付け可能なスリムモデル
  • 7.5kW寸法(W:150×H:465×D:262(mm))のサイズで、狭いスペースにも設置可能

PID制御:出力値と目標値の偏差(P)、積分(I)、および微分(D)の3つの要素をフィードバックして行う制御

FRENIC-HVAC写真
      FRENIC-HVAC

 

3.主な適用分野

アジア、ヨーロッパなど海外の空調・水処理システムのファン・ポンプ

 

4.基本仕様
定格電圧(V) インバータ容量(kW) 発売時期
3φ400V 0.75kW〜37kW 2012年3月
3φ400V 45kW〜710kW 2012年8月予定

 

5.販売目標

2012年度10億円

 

【お客様問合せ先】

富士電機株式会社 パワエレ機器事業本部 ドライブ事業部 駆動企画部
tel:03−5435−7186




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.