富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 中国・深センにパワー半導体の後工程生産拠点を設置

ニュースリリース

2012年4月11日
富士電機株式会社

中国・深センにパワー半導体の後工程生産拠点を設置

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、パワー半導体の中国市場における事業拡大を狙いとして、中国・深セン市で後工程生産拠点の設置を決定しましたので、お知らせいたします。

 

1.内容
  • 富士電機(深セン)社(中国・深セン)にパワー半導体の後工程組立・試験ラインを新設するとともに、新棟を建設します。
  • 生産能力は当面5万台/月とし、新棟完成後、生産拡大する計画です。

 

2.投資額

15.3億円

 

3.稼動開始時期

2012年9月(予定)

 

4.投資の背景と狙い
  • 中国におけるパワー半導体の市場は3000億円(※1)で、2015年度までに8%以上(※2)の成長が期待されており、中国市場を重要な地域と位置づけています。
    (※1:当社推定)、(※2:CAGR,当社推定)
  • 今回の投資により、現地要求仕様の製品について開発から販売まで一貫した体制を現地で構築し、地産地消の実現と為替変動に対応していきます。
  • 富士電機(深セン)社は、感光体事業を担っており、現地の人材と既存設備を活用し、効率的な生産体制を確立します。
  • 後工程の生産拠点は、現在、国内、マレーシア、フィリピンにありますが、今回、中国に設置することにより、リスクを分散させながら、お客様への安定供給に努めてまいります。



以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.