富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 米袋の全数検査を高速・高精度で実施する『食品放射能検査システム』の発売について

ニュースリリース

2012年6月21日
富士電機株式会社

米袋の全数検査を高速・高精度で実施する『食品放射能検査システム』の発売について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、厚生労働省が定める食品中の放射性物質の測定基準値に対応し、米袋に含まれる放射性セシウムを高速・高精度で測定できる『食品放射能検査システム』を発売しますのでお知らせいたします。

  食品に含まれる放射性物質に社会的な関心が高まる中、弊社では昨年より、食品をダンボール等の梱包状態のまま、ベルトコンベアに載せ、連続的かつ簡単に測定できるシステムを発売しております。
   今回発表する製品は、福島県が先般決定した、本年秋以降に収穫される米について実施する全袋検査に対応するために開発したものです。

  なお、本製品に適用している技術は、他の食品への対応や量産化に向けた更なる開発を現在行っております。この取り組みは、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として進めているものです。

 

1.特長
(1) 高速で放射性セシウムの基準値以下を判定
  検出器の高感度化と遮へい構造の強化により、測定スピードを大幅にアップしました。
30kg米袋の場合、最速で約10秒/袋の測定が可能です。
(2) ベルトコンベアに載せ、シンプル操作で簡単測定
  本体のタッチパネルまたは接続したパソコンにより、専門知識がなくても簡単に操作できます。最初に測定物のサイズと重量を入力するだけで、周辺バックグラウンド環境含め、自動で測定を実施します。
(3) 面倒な前処理は不要
  ダンボールや袋に入ったままの食材を測定できます。対象食材の細部まで切り取り、サーベイメータで内部の放射能量を測定する前処理は必要ありません。
(4) 搬送システムの拡張や、測定データトレーサビリティにも対応可能
  オプションで、種々の搬送システムと組み合わせ、柔軟な拡張性を実現。
また、測定データはLANケーブルでパソコンに伝送し、トレーサビリティシステムの構築が可能です。

 

2.用途

米袋に梱包された米の放射能測定

 

3.製品仕様
形式・名称 NMU2 食品放射能検査システム
検出器 NaI(T)シンチレーション検出器
シールド構造 シャドーシールド構造(検出器周囲の鉛厚さ:50mm)
測定対象核種 放射性セシウム(Cs-134,Cs-137)、放射性よう素(I-131)※
測定下限値 25Bq/kg(30kg米袋の場合)
測定時間は周辺バックグラウンド・測定物の寸法・重量により装置が自動計算
処理能力(米30kg袋) 約2袋/分(BG:1.5μSv/h時)
約4袋/分(BG:0.1μSv/h時)
使用温湿度範囲 温度 0〜45℃  湿度 90%以下
本体寸法(突起部除く) 重量 W 3,300mm×D 1,030mm×H 1,507mm
約2,300kg(全自動周辺機器込みで、約5,000kg)

※よう素の判定有無は本体で設定可能です。

 

4.発売時期

2012年7月予定

 

5.販売価格(税別)

10,000,000円(本体価格)

 

【お客様問合せ先】

富士電機株式会社 電力・社会インフラ営業統括部
電力営業第二部 営業第三課
tel:03-5435-7049

富士電機株式会社 電力・社会インフラ事業本部
エネルギー流通事業部 放射線システム部
tel:042-585-6024




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.