富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 太陽光発電事業への参入について―自社工場敷地内にメガソーラー発電施設を建設―

ニュースリリース

2012年12月3日
富士電機株式会社

太陽光発電事業への参入について
―自社工場敷地内にメガソーラー発電施設を建設―

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、当社工場敷地内にメガソーラー発電施設を建設し、太陽光発電事業を開始しますのでお知らせいたします。

 

1.目的

  本年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始以降、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの国内需要は急激に増加しています。当社は、経営方針に「エネルギー関連事業」の拡大を掲げ、メガソーラーにおいても、パワーコンディショナーなど高効率のパワーエレクトロニクス機器を中心に事業展開してまいりましたが、新たに太陽光発電事業への参入を決定いたしました。
  新設するメガソーラー発電施設には当社の最新パワーエレクトロニクス製品を適用します。製品の技術・品質評価や設備建設、施工技術の実証の場として活用し、技術力の強化を図り、発電設備の設計・調達・施工までトータルで行うEPC事業を拡大していきます。

 

2.発電施設について

  本発電施設は、富士電機の100%子会社である富士グリーンパワー株式会社が事業主となり、当社のEPCエンジニアリングで建設します。発電した電力は固定価格買取制度に基づき、発電分全量を東京電力へ売電します。

1) 建設地 :当社山梨製作所内の未利用地(山梨県南アルプス市)
2) 合計出力 :2MW
3) 稼働開始 :2013年4月予定

 

  【富士グリーンパワー株式会社について】

社名 富士グリーンパワー株式会社
本社所在地 東京都日野市富士町1番地
代表者 代表取締役社長 大橋一弘
設立 2003年12月1日
資本金 40百万円
株主 富士電機株式会社100%
事業内容 再生可能エネルギーに係る発電事業およびコンサルティング、エンジニアリング業務

  注)富士グリーンパワー株式会社は2012年12月1日に株式会社ウインパワーから社名変更しました。




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.