富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 熊本工場敷地内メガソーラー施設の建設について

ニュースリリース

2013年5月10日
富士電機株式会社

熊本工場敷地内メガソーラー施設の建設について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、当社熊本工場敷地内にメガソーラー発電施設を建設し、太陽光発電事業を実施しますのでお知らせいたします。

 

■ 発電施設について

  本施設の建設は、当社の設計・調達・建設(EPC)で実施します。発電した電力は固定価格買取制度に基づき、発電分全量を九州電力へ売電します。
  本施設には、当社製の太陽電池と1MWパワーコンディショナーを設置。パワーコンディショナーは、当社独自の高効率パワー半導体(AT‐NPC3レベルIGBT)の適用により、業界最高の98.5%の変換効率を実現しています。
当社製パワーコンディショナー
当社製パワーコンディショナー

1)建設地 :当社熊本工場内の未利用地
  (熊本県玉名郡南関町)
2)敷地面積 :30,000m2
3)太陽電池出力 :1MW
4)着工時期 :2013年5月中旬予定
5)稼動開始 :2013年10月予定
6)運営会社 :富士グリーンパワー(株)(当社100%子会社)

なお、当社のメガソーラー発電の事業者としての案件は、今年4月に運転を開始した山梨製作所内の施設に次いで2件目になります。

【ご参考】
太陽光発電事業への参入について(2012年12月3日付リリース)
http://www.fujielectric.co.jp/about/news/detail/2012/20121203150057328.html
自社工場敷地内メガソーラー施設の運転開始について(2013年4月15日付リリース)
http://www.fujielectric.co.jp/about/news/detail/2013/20130415150020166.html




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.