富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 新製品 - 空調用途向けインバータ「FRENIC-HVAC」日本市場向け製品の...

ニュースリリース

2014年1月22日
富士電機株式会社

新製品 - 空調用途向けインバータ「FRENIC-HVAC」日本市場向け製品の発売について

富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、空調用途向けインバータ「FRENIC-HVAC」の日本市場向け入力電圧200V品を発売しましたのでお知らせいたします。

 

1.狙い
日本のビル空調におけるインバータの市場規模は、2015年に80億円と推計されます(※1)。
オフィスビルで消費される電力消費量のうち約50%が空調に関連していますが(※2)、「FRENIC-HVAC」シリーズは、ビル空調機器の電力消費を大幅に抑える機能を搭載したインバータとして、アジア市場をメインターゲットに販売してきました(2012年1月発売)。
このたび、日本市場向けとして入力電圧200V品をラインアップしました。本製品は、アジア市場で一般的に普及している「盤レス」タイプのインバータです。空調分野の省エネとコストダウンに貢献する機種として、日本でも積極展開していきます。 
    ※1:当社推定値
    ※2:出典「一般財団法人 省エネルギーセンター」

2.特長

1)空調設備の省エネに貢献
本製品は、温度、圧力、流量等の条件に応じて、冷却塔ファン、冷却水ポンプなどの運転をきめ細かく制御します。これにより、同クラスの汎用インバータ(当社製品)適用に比べて、約45%(※)の電力消費を削減します。 
    ※冷却水ポンプ設備での10日間実測データに基づく

2)設備の投資負担を低減
防塵、防水構造で、ノイズ対策フィルタを内蔵しています。これにより、制御盤への収納を不要(盤レス)とし、設備の投資負担を約25%(※1)低減します。加えて、設置スペースを約50%(※2)削減します。
    ※1:冷却水ポンプ設備での当社試算値
    ※2:当社試算値

空調用途向けインバータ「FRENIC-HVAC」
空調用途向けインバータ「FRENIC-HVAC」

機械室等における設置イメージ
機械室等における設置イメージ

3.基本仕様

入力定格電圧 容量(kW) 外形寸法(mm) 保護等級
3相200V 0.75 W150×H465×D262 IP55(※)
1.5
2.2
3.7
5.5 W203×H585×D262
7.5
11
15 W203×H645×D262
18.5
22 W265×H736×D284
30
37 W300×H885×D367.9
45
55 W361.2×H740×D276.3
75
90 W535.8×H750×D291.3

    ※JIS/IECの規格で、水や埃などの外部からの侵入防止を示します

4.発売時期
即日

5.主な適用分野
オフィスビル等における空調システムのファン・ポンプ
    ※設置場所は、機械室等屋内であること、腐食性ガス、引火性ガス等が無いことなどが条件となります。 

6.製品に関するお問い合わせ先
富士電機株式会社 パワエレ機器事業本部
ドライブ事業部 技術部
03-5435-7190


【製品URL】 http://www.fujielectric.co.jp/products/inverter/frenic-hvac/




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.