富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 蒸気発生ヒートポンプの発売について 〜工場の低温排熱再利用で省エネルギーに貢献〜

ニュースリリース

2015年7月2日
富士電機株式会社

蒸気発生ヒートポンプの発売について 〜工場の低温排熱再利用で省エネルギーに貢献〜

  富士電機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、低温排熱の再利用で工場の省エネルギーに貢献する「蒸気発生ヒートポンプ」を発売しますので、お知らせいたします。

1.狙い
  近年の電力事情の変化を踏まえ、工場等の生産現場ではエネルギーを効率的に使用するスマート化が進んでおり、その一つとして、工場内で生じる低温排熱の再利用が注目されています。特に、食品・飲料、自動車、化学工業、パルプ・紙・紙加工品といった産業分野では熱の利用範囲が広く、かつ再利用可能な排熱量が多く見込まれています※1
  本製品は、当社がこれまで自動販売機で培ってきたヒートポンプ技術を活用し、工場内で発生する低温排熱を回収・加温して再利用する装置です。排熱の有効活用により、工場の省エネ・環境保全に貢献します。

※1 下記参考資料「業種別 利用可能な蒸気量」参照

2 .特長

(1) 低温排熱を効率的に再利用し、燃料費やCO2排出量を低減
工場で排出される排温水(60〜80℃)などから熱を回収し、飽和蒸気(100〜120℃)を供給します。
コンパクト設計により、工場内で蒸気加熱を要する給水予熱や洗浄、殺菌、空調・加湿設備など、様々な工程の近傍に設置して利用できるため、配管の延伸に伴う放熱ロスも抑制します。
エネルギーコストやCO2排出量を大幅に削減します※2。(最高COP※3 3.5)
※2 下記導入事例「クリーンルーム空調の加湿蒸気利用」参照
※3 COP(Coefficient Of Performance):エネルギー消費効率。
消費電力1 kWあたりの冷却・加熱能力を表した値。
(2) 工場全体のエネルギー管理と連携
蒸気の使用量に応じ、複数台での接続運転(最大10台まで)が可能です。また、ネットワークに接続して中央制御室やパソコン等からの遠隔監視・操作に対応。今後、当社クラウドシステムと連携し、工場全体のFEMS※4等と連携したエネルギー最適化に貢献します。
※4 FEMS(Factory Energy Management System)
工場エネルギーマネジメントシステム

(3) 特別な手続不要で、簡便に設置・使用が可能
低圧冷媒の使用により高圧ガス保安法の対象外のため、届出や保安専任者の選出など、法令に沿った手続きが不要。据付の際も特殊な工事等は必要ありません。

3.主な適用範囲

食品・飲料、自動車、一般機械、化学工業、パルプ・紙・紙加工品等、排熱が発生する製造業の工場設備

4.概略仕様

吹出蒸気仕様最大加熱能力最大蒸気発生量外形寸法(mm)
100〜120℃(0.1MPaG)
飽和蒸気
30kW 45kg/h W1,000×H1,830×D1,000

5 .発売時期
  2015年12月

6 .販売目標
  売上高 40億円(2015〜2018年度累計)


  なお、本製品は2015年7月1日から3日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第28回 インターフェックス ジャパン」に出展しています。

7 .製品に関するお問合せ先
  富士電機株式会社 産業インフラ事業本部
  組立・施設事業部 組立技術部
  TEL 03-5435-7022

※1 参考資料:業種別 利用可能な蒸気量

 

※2 導入事例 :クリーンルーム空調の加湿蒸気利用




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.