富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > ニュースリリース > 軽負荷時の省エネに貢献する電源制御用ICの発売について

ニュースリリース

2017年2月1日
富士電機株式会社

軽負荷時の省エネに貢献する電源制御用ICの発売について

  富士電機株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:北澤通宏)は、パワー半導体の新製品として、電源制御用IC(PFC制御IC(型式:FA1A60N)とLLC電流共振制御IC(型式:FA6B20N))を発売しましたので、お知らせいたします。

1. 背景
  電源制御用ICは、液晶テレビ、OA機器、LED照明、通信機器、産業機器(工作機械やロボット等)などの電源装置(ACアダプタ等)に搭載され、家庭や工場に供給される商用電力(AC)を機器の駆動に必要なDC電力に変換する役割を担います。電力変換を効率的に行うことで電力損失を抑制できることから、省エネを実現するキーデバイスとして期待されています。
  現在、地球温暖化を背景とした低炭素社会の実現に向け、電気機器に対する省エネ要求が高まっており、電源制御用ICの市場も拡大しています。当社は電源制御用ICの市場規模を2016年に約1,000億円、以降2019年にかけて年率5%で伸長すると予測しています。
  今般、機器の省エネ及びコストダウンに貢献する新製品を開発し、発売しました。日本国内を含むグローバル市場を対象とし、液晶テレビや産業機器向けを中心に拡販を図ります。

※本製品が含まれるAC/DC変換に使われる電源制御用ICの市場規模

2. 製品の特長
(1)電力損失を抑え省エネに貢献

  電力変換は、電気のオン・オフの繰り返し(スイッチング)により行われますが、スイッチングは電力損失を伴います。また、変換効率は搭載機器の出力が小さくなる(軽負荷)につれて低くなります。
  本製品は出力を自動検出し、軽負荷時にスイッチング回数を減らす制御を行うことで、電力損失を抑えます。これにより、例えばAC入力電圧230V、最大出力電力の3%(軽負荷時)の場合、当社従来製品と比べて電力損失を22%低減します。

(2)部品点数削減でコストダウンに貢献

  上記(1)の制御により、出力電力の検出に必要な部品など、当社従来製品比15%の部品点数削減が可能となり、電源装置のコストダウンに貢献します。

3. 製品仕様
型式 動作周囲温度 動作電源電圧 最大周波数
FA1A60N -50℃ 〜 +105℃ +10V 〜 +26V -
FA6B20N -50℃ 〜 +105℃ +14V 〜 +29V 450kHz

FA1A60Nパッケージ(左)
FA6B20Nパッケージ(右)

4. 発売時期
  即日

5. 製品に関するお問い合わせ先
  富士電機株式会社 電子デバイス事業本部
  営業統括部 営業第三部
  TEL: 03-5435-7161

※製品仕様の詳細等は、下記をご参照願います。
   http://www.fujielectric.co.jp/products/semiconductor/model/power_supply/ac_dc_ic.html#004




以上




ページトップへ戻る
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.