富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発方針・体制 > 研究開発体制

研究開発体制


先端技術研究所

富士電機全体の製品開発を支える共通基盤技術の開発と、次世代製品の創出に貢献する先端技術の研究を行っています。具体的には、材料、分析・解析、熱冷却、電磁気応用、メカトロニクス、化合物半導体、蓄電池、燃料電池、パワーエレクトロニクス、系統制御、数理応用、センサ等の研究開発を行っています。
(ロケーション:東京、千葉、吹上)

 


イノベーション創出センター

富士電機の将来の成長エンジンとなる製品・技術を創出するため2017年4月に新設されました。顧客価値起点に立ったイノベーションの創出に挑戦します。技術マーケティングを通じた商品企画を行い、デジタルプラットフォーム技術、IoTを駆使して競争優位性を生み出す強いコンポーネントとシステムの創出を目指します。これらの取組により全社の研究・商品開発を牽引していきます。
(ロケーション:東京、大崎)

 


技術統括センター

技術統括センターは、富士電機全体の研究開発の企画・管理を担当しています。富士電機の事業計画やその実現のための研究開発計画をロードマップとして見える化し、中長期にわたる研究開発戦略を立案しています。同時に、富士電機として全社あげて戦略的に実行すべき戦略開発の企画、運営、管理をしています。また、日々の研究開発の進捗状況や課題等を徹底的に見える化し、効率的な研究開発実行をサポートしています。
(ロケーション:大崎)


知的財産センター

発明やブランドといった知的財産は、目には見えませんが会社の重要な経営資源です。知的財産センターは研究開発から生まれる知的財産を権利として確立し、商品差別化による事業優位を図っています。そのために研究開発の源流に参画し、商品企画段階から知財戦略を練って実行しています。またグローバルな事業拡大のため、国際標準化対応を推進するとともに、現地と連携を図り、世界各国の特許や法制度、訴訟状況にも注意を払っています。
(ロケーション:大崎、東京、松本、三重)


各事業本部と生産・調達本部の開発部門

製品の品質向上と生産性向上のための研究開発や各事業本部で扱う製品、サービス、ソリューションの開発に加え、その開発に必要な要素技術や設計ツールの開発を行っています。

関連情報

  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.