富士電機
  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

ホーム > 富士電機について > 研究開発 > 研究開発方針・体制 > 研究開発方針

研究開発方針


CTOメッセージ

富士電機のブランドステートメント“Innovating Energy Technology”には、エネルギー・環境技術の革新により、安全・安心で持続可能な社会の実現に貢献するという思いが込められています。

この実現のため、富士電機のコア技術である、パワー半導体とパワーエレクトロニクス技術のシナジーを徹底的に追求し、電気エネルギーを安全・安心かつ効率的に供給・利用する技術、熱エネルギー技術やお客様に最適なソリューションを提供する計測・制御技術等の開発に研究資源を集中しています。

その結果、次世代半導体のSiCデバイスや世界最高効率の太陽光発電用PCSやインバータ等、最先端の製品の開発に成功しています。

同時に、大学等とのオープンイノベーションを積極的に進め、先端技術や基盤技術の強化に取り組んでいます。

世界トップを狙う富士電機の研究開発に、これからもご期待ください。

富士電機株式会社
執行役員
技術開発本部長
近藤 史郎


研究開発方針

コア技術であるパワー半導体技術とパワーエレクトロニクス技術を計測・制御技術と組み合わせ、エネルギー・環境分野の最適化を実現するソリューションの研究開発に注力しています。

重点施策

  • パワー半導体とパワーエレクトロニクスなどのコア技術の拡大・強化
  • 熱、機械、計測・制御技術のシナジーを活かした新ソリューション商材の開発の加速
  • オープンイノベーションの推進

研究開発費

関連情報

  • 鉛フリーはんだ 富士電機グループの環境問題への取り組み
Copyright©Fuji Electric Co., Ltd. All Rights Reserved.