富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

幅広いラインアップ

シリーズラインアップ(インバータ,コンバータ)

  • ユニットタイプとスタックタイプをラインアップ。大容量システムまで構築が容易になりました。
  • スタックタイプでは,ダイレクトパラ接続で下記の容量まで対応可能です。
    3相400Vシリーズ:最大2400kW(MD仕様),3000kW(LD仕様)
    3相690Vシリーズ:最大1200kW(MD仕様),1200kW(LD仕様)

3相200Vシリーズ

3相400Vシリーズ

3相690Vシリーズ

  • ※1 : 仕様(適用負荷)については,「用途に応じた定格対応」を参照してください。
  • ※ : ユニットタイプのインバータは,ブレーキ回路を標準で内蔵(160kW以下)。
  • ※ : 形状構成:単機⇒1台で使用頂けます。相別⇒各相に分れた形状となり,1セットあたり3台のスタックで構成します。
  • ※ : PWMコンバータ,ダイオード整流器は1台で複数台のインバータを接続できます。
  • ※ : インバータは,コンバータ回路を介さず,直流電源(発電機等)の供給も可能です。
  • ※ : 容量拡大(並列運転)
    • インバータ
      • ダイレクトパラ:複数台のインバータで1台の単巻線モータを駆動する方式です。(最大3台のインバータで駆動することができます。)
      • 多巻線モータ駆動:1台のモータに複数の巻線を巻いた特殊モータを駆動する方式です。(最大6台のインバータで駆動することができます。)
    • PWMコンバータ
      • トランス絶縁(並列システム):受電電源系統とコンバータをトランスで絶縁する方式です。各コンバータの入力にトランスを設ける必要があります。(並列接続台数:最大6台)
      • トランスレス(並列システム):受電電源系統にPWMコンバータを直接接続する方式です。トランスで絶縁する必要はありません。(並列接続台数:最大3台)
  • ※ : トランスレス並列システム(複数台の並列運転)にて使用される場合のフィルタ回路については、
    • 単機スタック:フィルタスタックを使用してください。(周辺機器でフィルタ回路を構成できません。)
    • 相別スタック:周辺機器を使用してください。
ページの先頭へ戻る