富士電機

  • Global
  • 総合サイトマップ
  • 関係会社情報
  • 国内販売ネットワーク
  • 国内拠点

スタックタイプインバータの容量拡大方法について

大容量モータを駆動するには,「ダイレクトパラ接続方式」と,「多巻線モータ駆動方式」があります。

  • *1 : OPC-VG1-TBSIが別途必要です。
  • *2 : 減機運転
    ダイレクトパラ接続時に、スタックが故障した場合、正常なスタックのみによる出力低減運転が可能。
  • 例 : 200kW×2台で, 355kWのモータを駆動している場合1台が故障しても, 200kW(1台分の容量)で運転継続することが可能
  • 注 : 減機運転する際は、PG信号やモータ定数など切り替え操作や、シーケンス回路などに考慮が必要です。詳細はユーザーズマニュアルをご参照ください。

ダイレクトパラ接続時の構成表

同一容量のインバータを2台または3台並列接続し, 大容量化および, システムの冗長化が可能です。
代表的な組合せを表1に記載しますが, これ以外の構成も可能です。

表1.ダイレクトパラの組合せ例(400Vシリーズ,MD仕様の場合)

  • *1 : OPC-VG1-TBSIが別途必要です。
ページの先頭へ戻る